上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、紹介するお店は天童駅から旧国道13号を
北に車で5分程行った久野本という地区にある
「やま竹」さんです。

CA340562.jpg


今日の一番の目的は1日に10食程度しか出せない
という、「細切田舎せいろ」を食べることです、
この蕎麦は北海道産の玄蕎麦を石臼でわざわざ
手挽きしたもので期待出来そうです。

というわけで、またもや開店前から駐車場で待機です。

CA340563.jpg


アルバイトの方なのでしょうか、可愛い女性が暖簾を出しに
来た時に車のほうまで来て、「どうぞ」とにっこり
声を掛けられました。

CA340553.jpg


さっそく、お店に入る、この昔風情の入り口がいい。

CA340554.jpg


入り口を入ってすぐのところに待合室がありますが、
ここの雰囲気も良くて落ち着いて待っていられそうです。

CA340559.jpg


お店は呉服屋を改造して作ったそうです、店内は
古風な中に清潔感があります、店の奥に座りました。

CA340555.jpg


因みに座敷だけでなく、椅子席の部屋もあるそうです、
ただし10歳以下の子供は遠慮してもらっているとの
ことで完全予約制になります。

やま竹さんでは「なごみ御膳」と呼ばれるそば料理も
あるので、是非、この倉座敷の洋間で食べてみては
いかがでしょう。

20070326162907.jpg


で、後ろを振り返ると丁度、ご主人が蕎麦を打って
いるところでした。

CA340557.jpg


そば粉には北海道産と山形産をブレンドして石臼で挽き
抜き実の挽きぐるみ九割につなぎ一割で打っているそうです。

お店の全体の雰囲気です、もう1人お客さんがいました。

CA340558.jpg


つゆにもこだわりがあり、鰹は一本釣りの本節、昆布は
羅臼産、無添加の丸大豆醤油を使う、また、ここで出す
料理はすべて化学調味料を使用していないとのこと。

さあ、田舎せいろが運ばれてきました、麺の色は思った
より白い感じです、でも蕎麦を口に運ぶと蕎麦の香りが
口中に広がって行きます、歯ざわりも良く、つゆがとても
深い味で蕎麦の風味を十分に引き出してくれます、
もう一人のお客さんが大盛りを頼んでいたので僕も
大盛りにすれば良かった…

CA340556.jpg


田舎せいろ(手挽き)  850円
せいろ         700円
なごみ御膳     2,650円
竹蔵蕎麦 やま竹
天童市久野本1-3-6
023-653-2116
定休日  水曜日
 
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/99-03c72be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。