上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕎麦の話題とは違うようなタイトルですが
今日、紹介するお店は「龍神の里じゃがらむら」
さんです。

場所は天童温泉から13号バイパスを越え東の
ほうに行きます、このお店のある場所に
県指定の天然記念物である「ジャガラモガラ」と
呼ばれる土地があります。

ジャガラモガラは、雨呼山の北西の山腹、
標高540Mのところにあり、東西約90M、
南北約250M、深さ約100Mのすり鉢状の
くぽ地で、その底の方は複雑に変化している
というこの地形に特徴があり、地下構造の関係
から水がたまらず、所々に風穴(ふうけつ)と
呼ばれる”穴”があり真夏でも10℃以下の
冷たい空気が吹き出しています。

更に、その冷たい空気の影響で、くぼ地の底は
温度が上がらず、比較的高山に多く見られる植物
が生えています。

CA340572.jpg


店の近くにこの案内板が見えますが、ジャガラモガラは
ここから歩いて150Mほど行ったところにあるそう
ですが、あいにくの天候で今回は諦めました。

龍神伝説はこの場所が昔は湖で、龍神の住処になっていた
のであるが、東漸寺という寺のお坊さんの霊験あらたかな
お説教を聞いて、龍神が天に戻って行ったとことからで。

その時、満々と湛えていた水が空っぽになり、
いまのようなすり鉢状の残骸だけが残ったと伝えられ
元は湖だったというのである。

更にこの場所が「姥捨伝説」の地でもあるらしい。

お店から雨呼山の方角を見る、左手のほうに高い麓が
広がっていますが雪が強くて撮れませんでした。

CA340579.jpg


3月だというのにすごい吹雪でしたが、店に入ると
止み、帰る時にまた吹雪いてきた、龍神の挨拶なのかな…

店全景

CA340573.jpg


入り口付近

CA340578.jpg


近くには紅花畑があり、「天童紅花まつり」でにぎわい、
また、周辺にはキャンプ場を備えた「森林ふれあい広場」
や森林浴歩道もあり、キャンプや森林浴を楽しむことが
出来ます。

店の近くや駐車場では、土・日曜日に地元農産物の直売も
やっているそうです。

お店の中はロッジ風で木の温もりが感じられる。

CA340575.jpg


店内は広く座敷とテーブル席があります。

CA340574.jpg


天ぷら蕎麦を頼みました、地物の山野菜の天ぷら
が付くということです、麺は10対2の外二八そばです。

そばを打つ水にはジャガラモガラの麓から湧く太鼓清水
の名水を使っています、つゆはわりと濃い目ですが
蕎麦のコシは程よく、蕎麦の香りが楽しめます。

CA340576.jpg


CA340577.jpg


天付きそば  900円
毎週日曜日は杵付き餅のメニューが増える
龍神の里じゃがらむら
天童市大字貫津1374-1
023-653-0015
定休日 水曜日
スポンサーサイト
  
コメント

こんにちは~
先日、ある大型スーパーの中の蕎麦屋の
おそばを食べたら美味しくなかったです・・・。
自宅で程よい硬さのざるそばを旦那が作ってくれたのですが
そっちのほうがよっぽど美味しかったです。ちょっと悲しいですよ・・・。
3月で吹雪だったんですね。なんだか本当に変な気候です。
私も少しのどが痛くて気を抜くと風邪引きそうなので
気をつけています。ひろぽんさんも気をつけてくださいね。
ネコヴィッチ│URL│03/16 18:40│編集

ネコヴィッチさん♪

こんにちは~お久し振りです!
う~ん…、何とも言えないですが
蕎麦は美味しい方がいいですよね♪
って、旦那さんは蕎麦も打つんですか?v-12

はい、風邪には気を付けます、ありがとう
ございます。
ひろぽん│URL│03/16 19:47│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/92-feaf20bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。