上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年7月6日火曜日朝…、昨夜のゲリラ豪雨のニュースがまだ頭から
離れないでいる、朝のうちは曇っているが、これから昨日のように山形も
突発的な集中豪雨があるのだろうか?昨日、カレンダーを見ながら今月
の予定を考えていた、ほぼ休みの日はどこかに行く予定になっている(笑)
まだまだ足のほうは痺れが取れないし、多分、股関節であろうと思われる
痛みも続いている…、何考えてるんだろう、いや、体を動かして痩せないと
駄目だから出かけて歩くのはいい事なのだろう、よしっ!今日は朝日町に
行くぞ。

山形市内から車で1時間15分位でしょうか、途中、鉄塔の写真なんか撮り
ながら朝日町に入り「大沼浮島」の案内板が見えて来ると、その近くには
「熊出没注意!」の立て札がたくさん並んでいる、しかもまだ新しい立て札
だ、何で、こんな時期にたった一人でこんな山奥まで行かなくちゃならない
んだろう(笑)。

SWGB02_2157.jpg

この看板が見えてからはすぐ山道に入る、車1台がやっと通れる道が続く、
途中に待機所として少し広い道幅の場所もあるが、そんなに多くはない。

何で、朝日町の浮島なのか、それは浮島の存在を知らなかったからなのです、
ええっ、山形にこんな面白い場所があるのかー、と思ったらやっぱり行って
見たいですよね、でも、なんで熊の出る時期に?

なんてアホな事を考えながら走り、やっと駐車場に着きました、この駐車場
では日曜日は地区の人たちがお土産コーナーを出しているそうです、今日は
もちろん平日ですのでテントをたたんだ後だけがむなしく残っています、あれ?
なんか立て札がある、樹齢350年の御神木と書いてあります。

SWGB02_2160.jpg

駐車場から降りて行くと、途中にロッジみたいな建物がある、ほお~何かいい感じ♪
と思ったらトイレでした、それじゃあ折角ですのでお邪魔しま~す!

SWGB02_2161.jpg

そこからも少し行くと今度は案内版がありました、どうやらこの案内版の所から
また降りて行くようです。

SWGB02_2162.jpg

こういうのつまんないですよね~、まあ暫くお付き合い下さい、自己満足のブログ
なので、無理して見なくていいのです(笑)、さてもう少し進んで見ることにします。

SWGB02_2163.jpg

途中にまた大きな樹が!これは「子宝の杉」だそうです。

SWGB02_2169.jpg

そして、やっとたどり着きました!これが「浮嶋稲荷神社」です、大沼が
発見されたのは今を去ること約1300年前の白鳳9年(680)の昔にさかのぼる。
大和国(奈良県)の修験者役の証覚(小角)が、その弟子覚道をともない、
朝日岳を目指し修行の途中、大沼に着きました。

島々が浮遊する神秘的な影に感動した役の証覚が、湖畔に浮島稲荷神社を
まつり、弟子覚道に託したとされる。

SWGB02_2164.jpg

神社のすぐ近くには「護摩壇(ごまだん)」があります。

SWGB02_2199.jpg

こちらの石灯籠は、元和7年(1621)最上義光の孫にあたる13代山形城主最上義俊
が進納したもの、幢身(竿)には、最上一族のお家騒動のなかで、最上家の武運長久
を祈願し、この難局をきり開くために知見を求めている17歳の幼主の心境がきざまれ
ている。(朝日町指定有形文化財)

SWGB02_2165.jpg

さて、次はいよいよ大沼の浮島へ!

SWGB02_2198.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/883-46c81c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。