上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は早く起きて夜明け前に大江町の大山自然公園に行き、ヒメサユリの
写真を撮ろうと思っていたのですが、残念ながら起きたのがAM5時…、もう
夜が明けてました、それでもAM6時前には家を出発し、大山自然公園に着い
たのがAM6:30!市内から30分で来るんですね。

SWGK02_1703.jpg

何でそんなに朝早く行くのかですか?夜明け頃だと、ヒメサユリの咲いている
林の中が霧というかガスがかかっていて幻想的な写真が撮れるんです、まあ
その時の気温や気象状況にもよるので必ずとは言い切れないないのですが…
こんなに早く、しかも平日に来る人はいないだろうと思っていたら、いました(笑)
白レンズを付けたカメラを持って三脚を据えて写真を撮っている人が一人、先に
進むとさらにもう一人、同じ考えを持った人は僕一人じゃないと言う事か…
今回はタムロンの90mmのマクロレンズでの撮影が出来ました、写真の方は
のちほど、このブログと新・ふぉとギャラリーのブログで紹介して行きます。

SWGK02_1700.jpg

さて、話は変わりまして、大江町から帰って来て、今日は1日、腰痛のこともある
のでベッドに寝てようかと思ったのですが、ふと、気なっていた映画「RAILWAYS」
を観に行こうと思い立ちました、この映画は嶋のムービーオンでの上映です、実は
ムービーオンはまだ行ったことがありませんでした、今日の上映の一番近い時間は
AM9;40の回でした、時計を見るとすでにAM9:15、ヤバッ!すぐに車に飛び乗り
嶋へ、まあ平日だし、そんなに混んでいないだろうと思ったら駐車場は7割ほど埋ま
っている、ほえ~、中に入るとチケット売り場には人がかなり並んでいる、またまた
ほえ~、でも「RAILWAYS」なんかは若い人はあまり観ない映画かなと思いました、
座席に座って辺りを見回すと15人くらいでしょうか、他の人は「書道ガールズ」か
「座頭市」なのか…

SWG02_1719.jpg

月曜日はメンズデーという事で料金は1,000円なのだそうだ、ところで、この
「RAILWAYS」という映画、途中で泣いてしまいました、まさか泣くとは思いません
でしたが、不覚にも涙が止まりませんでした…。

RAILWAYS③

僕はこの映画の主人公の役の中井貴一という役者さんはそんなに好きではなかった
のですが、この映画を観てファンになりました(笑)。

RAILWAYS①

とりあえず、どんな映画の内容なのか簡単に…ネタバレはありません。

大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にした筒井肇(中井貴一)は、
仕事に追われる毎日を過ごしていた、そんな時、工場整理というリストラの仕事と、
取締役への昇進を告げられる。

肇が仕事に追われるようになってから、ハーブショップを経営する妻の由紀子(高島礼子)
との距離は広がり、夫婦の会話は殆ど無くなってしまっていた。自分の夢が分からず職活動
中の娘・倖(本仮屋ユイカ)とも、親子の会話が途絶える始末。

リストラの仕事に取り掛かっていたある日、故郷島根で一人暮らしをしている母・絹代
(奈良岡朋子)が倒れたと連絡が入り、急いで田舎に帰ることに。母の容体が軽度の心筋梗塞
だと聞き、翌日には東京へ戻る肇、だが、再度病院からの呼び出しを受け、母の精密検査の
結果を告げられる、肇は母と一緒に撮った写真を見つめながら、一畑電車の運転手になることが
、小さい頃の夢だったことを思い出す。それを、いつまでも傍にいれると母が喜んでいたことも。

もう一度夢を追い求めてみたいと思った肇は、リハビリ中の母にも家族にも内緒で、一畑電車運転手
の採用試験に応募する、そして、年齢のハンディを乗り越え試験に合格する。

同じ採用試験に合格した青年・宮田(三浦貴大)と知り合った肇は、同僚となる為仲良くしようと
するが、何故か宮田は心を開こうとしなかった、ある時、宮田が野球を諦めた高校球児と知った肇は
、自分が何故運転手を目指そうと思ったのかを話す。

運転手として働き始めた肇は、今までにない満足感を感じていた。そんな真っ直ぐな肇の姿に家族や
周囲も影響され、それぞれにとっての本当に大切なものに気づいていく‥。

少しずつ誰もが変り始めたある日、ある出来事が思わぬ事態を巻き起こしてしまう。

RAILWAYS②

僕も都内で仕事をしていて山形に帰る事もなく仕事をしていて、ちょうど結婚したばかり
の頃に母が倒れ、映画と同じような状況になった事があります、母の面倒をみるために仕事
を辞め帰郷したからです…

ここに出てくる一畑電車が走るシーンがとても印象的でした、広い田園地帯と鉄塔の中を
走る電車の風景はそれだけで感動してしまいました、あと、オープニングの電車が車庫から
出て来るときに一窓ごとに光が差し込むシーンは最高です♪あと宍道湖でしょうか、夕陽の
風景がすごく綺麗でした…

今、一番感動できるのはこの映画ではないでしょうか。

SWG02_1717.jpg

などと書きながら、今日は暑い!グラスに氷を入れて発泡酒を注ぎ、更に電気ブランを入れ
てわけの分からないものを呑んでいたら、頭がフラフラになって来た…

SWG02_1721.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/860-581eb6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。