上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと行って来ました、昨年の12月に山形市内にOPENしたという
高堂蕎麦工房「森藏」さんです、蔵は旧字体の「藏」という字を使っ
ています。

SWG7542.jpg

案内地図を手に入れていたのですが、結構分かりづらいかも知れない
ですが、近くまで来ると、そば好きだけが持つアンテナが反応するので
、すぐ辿り着きました(笑)、自宅を使って営業しているようです。

SWG7540.jpg

玄関前にある手造りのメニューボードがいい感じです♪

SWG7544.jpg

玄関をくぐると雛飾りがありました。

SWG7545.jpg

声をかけると店のご主人が出て来て部屋のほうに案内されます。

SWG7546.jpg

廊下の奥には店名の由来のようなものが書いてある屏風のような
ものがあります。

SWG7551.jpg

部屋の中は八畳間二つの仕切りを取ってあるので広いですね、20人は
入れる感じです。

SWG7548.jpg

SWG7549.jpg

席に着くとご主人が「めぐすりの木茶」を出してくれました、因みにこの木は
カエデ科に属する落葉樹で、日本のみ自生する樹木で地方によっては長者
の木とも呼ばれています、古くから目の疾患に効果があると知られ、点眼や
洗眼用として利用されてきました、β-システロール、カテキン、ロドデンドロ
ールなどの成分が含まれていて、カテキンは、目の粘膜を保護し修復する
働きがあることがあり、ロドデンドロールは、肝機能を高め解毒作用が活発に
なることから、肝臓障害の改善に効果があるといわれます、フラボノイドなど
の成分から腎臓機能の改善や動脈硬化の予防も期待されます。

SWG7553.jpg

独特の木の香りがしますが、目に良いというのでお代わり頂きました(笑)
ご主人の話では以前は庭にこのめぐすりの木が植えてあったそうですが
残念ながら枯れてしまったということです。

SWG7555.jpg

最初にサラダが出て来ます。

SWG7554.jpg

そして自家栽培しているハーブの天麩羅とそばが出て来ます、蕎麦は二・八
くらいでしょうか、1日20食の限定だそうですので早い時間に行くことをお勧め
します、蕎麦猪口が少し小さいような…

SWG7556.jpg

喉越しがいいですね、歯応えもありスルスルと食べられます、つゆも麺に合い
ますね、そば湯で味わうとまた美味しいです。

SWG7571.jpg

そば湯を飲んでいると、今度は奥さんが出て来て、本日のサービス品です!
と、3品の小鉢を持って来ました、それぞれ美味しいものばかりです、そば湯
に合うものばかりです。

SWG7573.jpg

大盛りにすれば良かったかな、何て思って頼まなくて良かったぐらいの満腹感
ですが、更に最後に出て来たのは「そばしるこ」、そば粉を使った、ほのかな
甘さのしるこです、これで700円は安いでしょう!

SWG7561.jpg

もり藏そば 700円
高堂蕎麦工房 森藏
山形市高堂1-5-39
TEL 023-643-4868
営業時間 AM11:30~PM14:30(1日20食限定)
定休日 水・木曜日
*ミニ蕎麦会席 1,500円~要予約
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/773-71bc191a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。