上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月はイベントが多くて、なかなか蕎麦関係の記事のアップが
出来ないでいますが少しづつ紹介していくようにします、何せ2月
は上山でのカセ鳥、米沢での雪灯篭まつり、そして川西町での
東北学生音楽祭と盛り沢山のイベントがあったわけで…。

今回は寒河江にある、そば工房「お山の大将」さんに11月の中旬
に行った時に食べた板そばを紹介しましょう!月山はすでに真っ
白ですが、葉山はそんなに雪が積もってないようですね。

SWG6019.jpg

でもって、国道112号線を走っていると視線に入るのがこの屋根
に大きく、手打ちそばと書いてあるお店、逆光で白トビしてますが…

SWG6018.jpg

予約すれば蕎麦打ち体験や、普通は二・八そばですが、十割りや
外十・一でも打ってくれるといいます。

SWG6003.jpg

とにかく店内に入ってみましょう、開店はAM11:15と早く、僕のような
そば好きにはいいお店です、入って右側には板の間の座敷があります。

SWG6004.jpg

店の中は窓が広くて明るい感じです。

SWG6006.jpg

窓際のテーブルの上を見ると揚げそばがサービスで小皿に取って食べられる
ようになっています。

SWG6008.jpg

さて、注文は板そばにしました、自家栽培をしているという蕎麦も使うという
国内産のそば粉を温度・湿度に応じた打ち方をする板そばはどんな味なのか。

SWG6009.jpg

開店前に店に入ったので釜のお湯が沸くまでしばらくかかると言われたが全然
気にならない(笑)、蕎麦が出来るまでの時間は至極の時間なのだから…

SWG6012.jpg

中細のしっかりした麺という感じがする蕎麦はカドが立っていて麺にホシが
あるのがわかる、口に運ぶと蕎麦の風味を強く感じます、コシがかなり強く
蕎麦好きにはたまらない固さです。

SWG6013.jpg

一啜りしたところへ、ご主人が来て辛味大根のおろしたのはいかがですか?
と言うので直接、蕎麦の上に摩り下ろしてもらった、麺の上にこのおろしを
乗せて食べると、この辛味が食をそそり、普通のもり蕎麦の2人前以上あると
思われる板そばもあっという間に食べ尽くすのである(笑)。

SWG6014.jpg

板そば 1,150円
そば工房 お山の大将
山形県寒河江市大字西根字高畑53-4
TEL 0237-83-0515
営業時間 AM11:15~PM14:30 PM17:00~PM19:15(売れ切れ閉店)
定休日 不定休
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/763-14612b50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。