上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年初めてのそば日記は西川町の間沢にある「山六食堂」さん
です、訪れたのは昨年の12月の中旬です、国道112号線を西に
進み、間沢の入口辺りまで来るとお店が見えて来ます。

SWG6332.jpg

反対の道路側から見るとこんな感じです。

SWG6333.jpg

今回の目的は「月山山菜そば」です、しかも「ハット付き」で(笑)、
まあとにかく中に入ってみましょう!

SWG6334.jpg

店内は奥に座敷があります。

SWG6337.jpg

道路側にテーブル席があります。

SWG6336.jpg

中央にある囲炉裏のあるテーブルもいいのですが、窓際の席に
座ることにしました。

SWG6338.jpg

さて、注文です!月山山菜そばのハット付きをお願いしました。

SWG6339.jpg

テーブルに運ばれて来たのは卓上ガスコンロの上に山菜が一杯入った
鍋が乗っています、ワラビ・筍・ミズ・ウルイやキノコ等です、山菜
の他にも鶏モモ肉も入っています。

SWG6347.jpg

器は全部、山形の平清水焼きで1つ1つ手作りとのことです、そして
そば粉の入った器と水がありますが、これがハットというものらしい
です(笑)、水で練って鍋に入れて茹でて食べるものだと思います。

SWG6344.jpg

これは後で作ることにして、山菜そばのほうをいただきましょう!
この熱々の鍋に二・七と珍しい割合で手打ちした蕎麦を入れてしばらく
煮ます。

SWG6345.jpg

普通、冷たい蕎麦を温かい汁につけると麺に歯応えが無くなってしまう
のですが、この麺はコシが残っています、麺は太くもなく細くもなくちょうど
良い太さです、その蕎麦を小鉢に取り山菜類をたっぷり入れて一緒に味わいます♪

SWG6348.jpg

こりゃあ寒い冬は体が温まって最高ですね!次はハットを作ってみましょう!
ちょうどいい加減になるまで水を加えながら練って行きます、固いと火が通り
にくいし柔らかいと、まとまらないし、ということで一人でブツブツ言いながら
作りましたが、これも楽しいものです(笑)。

SWG6351.jpg

このハットも蕎麦と同じ様に鍋に入れて煮込みます、これは少し長めに茹でて
みることにしました、いい感じになったら小鉢に取って食べます、味は…う~ん
そばがきに似てるかな?

SWG6353.jpg

この月山山菜そばには月山で採れる山ぶどう液が付いています、全部のメニュー
に付いてくるのかどうかは定かではないのですが、一番最後にデザート感覚で
いただきましたが、これが美味しいです!

SWG6343.jpg

食べ終わった後は、お腹が一杯になって温まり最高の一日でした。

SWG6323.jpg

月山山菜そば 1,150円 ハット付き 100円増
山六(やまろく)食堂
西川町間沢309-4
TEL 0237-74-2169
営業時間 AM11:00~PM21:00
定休日 月曜日
駐車場 30台
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/732-ba08dca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。