上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回、訪れたのは、山形駅東口から東に
車で5分位走り、13号バイパスの立体交差の
手前の信号を左折し、300M程行った住宅街の
中にある「あらくさ」さんです。

駐車場にも看板が

CA340394.jpg


純和風的なお店の造りです。

CA340406.jpg


外の入り口には看板と季節のお勧めの品等が
書いてある。

CA340405.jpg


蕎麦つくりの素材にこだわり、水は井戸水から
くみあげた地下水を使用し、つゆに使う鰹は本鰹を
主人自ら削り、そば粉は北海道産を使用しているとのこと

風情のある玄関、この雰囲気を感じて、蕎麦を食べる
気分が高揚してゆく。

CA340403.jpg


店内はこんな感じ、明治初期の古材を使用して
いるとのこと、とても落ち着いた感じです。

CA340398.jpg


奥の方に座敷もあるが、ここには小さい座敷の部屋もある
なんともいい雰囲気、蕎麦懐石などのメニューもあるので
そんな時はこの部屋で食べてみたいと思う。

CA340397.jpg


雪見障子と呼ばれる所から、雪はなかったが、四季折々に
変化する外の庭園を眺めることができる。

この店の蕎麦はやぶ系の七三の細麺で喉越しがいいと言われて
いる、品書きを見ると納豆そばとかピリ辛うどんとかがあるが、
冬のお勧めと言うことで「地鳥せいろ」を頼んだ。

CA340399.jpg


箸袋は日本画家の遠藤桑珠さんに墨絵を描いてもらっており
器も平清水焼きを使用しているとのこと。

さて、さっそく頂いてみよう、冷たい麺を鴨つゆの中に入れ
て食べると鴨肉の旨みと少し濃い目のつゆがそばに良く合う、
鴨肉を食べてみると、これがまた美味しい、多少、表面を
炙っているようだ、最後につゆにそば湯を割り入れて
残さず飲む。

この極上な空間の中で食べる蕎麦の味は最高に贅沢なのでは
ないだろうか。

CA340402.jpg


地鳥せいろ  1,300円
そば処 あらくさ
山形市小白川町1-7-34
023-641-4495
スポンサーサイト
  
コメント

美味しそうですね~♪
そば自体の味も大切ですが、またこういう空間で
食べると美味しさがましますよね!

写真は携帯で撮られていたんですね!
すごいきれいです♪デジカメとかで撮られていたのかと
思いました!でも確かにちゃんとしたカメラで
撮ろうと思うと逆に怪しまれますね・・・。
携帯だとお店の人にも「記念に撮るのかな」ぐらいに
思ってくれて、撮りやすいですよね('ω'*)
ネコヴィッチ│URL│02/20 17:04│編集

ネコヴィッチ さん♪

前に一度来たお店なのですが、
改めて来てみるとこんなに素敵なお店だとは
思いませんでした♪

今度は新緑の季節に訪れてみたいです、
きっと木々の緑が目に眩しいくらいでしょうね。

携帯で撮った写真をフリーソフトの
「縮小専用」にかけ画質が少しですけど
鮮明になるみたいです。

いやいや、携帯でもかなり怪しい雰囲気が
漂うと思います(笑)
ひろぽん│URL│02/20 17:39│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/73-2c2b001c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。