上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は別にいっか…と思ってたボージョレ・ヌーヴォーでしたが
何やら、お得な価格で発売している情報をテレビで観て、ちょっと
欲しくなっちゃいました(笑)、1日遅れではありますが、早速、購入
!、でも、ちょっと待って!どこで買えばいいの?

普通であれば「やまや」or「ヤマザワ」に行くのですが、どうやら
この両店では安価なボージョレは扱っていないようです、だとすると
ジャスコ!ん~、遠いなあ(笑)、というか面倒くさい(笑)、ジャスコは
イオングループだよなあ…、と言う事は、家の近くのマックスバリュー
ってイオングループだよなあ、ネットで検索してみると、やはりありました!
ペットボトルタイプのボージョレーが、で、山形駅西口のマックスバリュー
へ、歩いて行ってもいいのですが、今日はちょっと寒いので車で…
購入したのが、この2本。

SWG6057.jpg

こちらが、イオングループのボージョレ・ヌーヴォーです、商社や代理店を
通さずにワイナリーから、直接買い付けている為、余分なコストがカットされ
980円という手に入れやすい値段になるということですね。

その一因として、このワインにはペットボトルを使用しています、ペットボトルは
ガラス瓶よりも軽いため、空輸時の運賃を安く抑えることができ、途中で割れ
てしまう心配もないからです。

SWG6067.jpg

Philippe de Mery(フィリップ・ド・メリー・ボジョレー・ヌーヴォー)750ml
フランス産赤ワインです、裏のラベルを見ると、なんと賞味期限が表示して
あります、輸入ワインに賞味期限が表示してるあるのは初めてみました。

SWG6066.jpg

次は、アルベール・ビジョーのボージョレ・ヌーヴォーです、メルシャン社が
輸入しているワインです、価格は1,180円(375ml)です、750mlで計算すると
1本2,360円ですから、結構いい値段ですよね~

SWG6068.jpg

アルベール・ビショー社のヌーヴォー(新酒)は、ボージョレ地区のボージョレ・
ヌーヴォーや、ボージョレ・ヴィラージュ地区のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
だけではなく、マコン地区で穫れたブドウを使用したマコン・ヴィラージュ・ヌー
ヴォーも造られています。

「レッド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー2004」を受賞したアラン・セルヴォー氏が
造るヌーヴォーは、いずれも樹齢25年以上のブドウのみを使用することで、深み、
複雑さを感じさせる味わいになり、アルベール・ビショー社の伝統の味わいを心ゆく
までご堪能出来るとのことです。

SWG6073.jpg

2009年のボージョレ・ヌーヴォーは気候条件に恵まれ、50年に1度の出来とのことで
ぶどうの成熟も良好、厚めの果皮を伴う小さな果粒、昼夜の理想的な気温差など、
歴史的なヴィンテージになる条件がそろっていて、大変期待されています、これは
、僕は50年後は生きてないので飲むしかないかっ!

SWG6076.jpg

で、なにもつまみがないので、これを買って来ました、マックスバリューではボージョレ
コーナーの脇の棚に大陳してあるのでいやでも目に入ってしまう(笑)、グリコの
濃厚おつまみスナック「チーザ」3種です、ゴルゴンゾーラとカマンベールとチェダー
チーズ味があります、お値段は各158円です、これ、結構いけます♪ビールにも合うかも。

SWG6086.jpg

それでは、皆様も50年に1度の素晴らしい出来のボージョレ・ヌーヴォーをどうぞ!
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/703-01a8af9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。