上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日、何気なく「大石田町に出来た新しいそば屋」というキーワード
で検索していたところ、出てきたのがこのお店でした、実は僕が探して
いたのは、尾花沢市近辺に新しいそば屋さんが出来たという情報を得て
探していたのですが、なかなか見つけることが出来ませんでした、それで
キーワードを変えてみたのでした。

今日、この大石田町に出来た新しいそば屋さんに行った帰りに、その
尾花沢の新しいそば屋さんを確認して来ました、残念ながら、今日は
定休日のようでした…

さて、話を戻しましょう、勿論、出来たばかりの店なので電話番号をナビ
に入力しても出て来ない、住所を頼りに調べて行くと、近くには駒籠小学校
があるので、その場所を目指して出発しました、13号尾花沢バイパスを
進み、萩袋(おぎのふくろ)という標識を確認して左にファミマがある交差点
が見えて来たら左折します、左折したら、後は真っ直ぐ進んで行きます、
ふわ~道路の回りには何にもないですね…

SWGB5976.jpg

次年子方面からでも行けるようですね、最上川につながる野尻川の橋を渡る
と、この看板が目に入ります。

SWGB5980.jpg

看板の左側には大きな柿の木が…

SWGB5981.jpg

看板の案内通りに左折して進んで行くと、お店が見えて来ました、って、この
裏が玄関なのかな?

SWGB5983.jpg

向かいの家の軒先には柿が干してありました。

SWGB5982.jpg

裏側が玄関のようです、かなり大きい家です、民家を改装したような感じを
受けます。

SWGB5985.jpg

開店はAM11:00ですが、相変わらず開店の20分前に到着して開店を待って
いました、今日は雨降りでしたが、そんなに強い雨ではないのでカメラも構える
ことが出来ました。

SWGB5986.jpg

なにやら入口の所に張り紙がしてあります、定休日の案内と…

SWGB5987.jpg

入口を入って玄関はこんな感じです。

SWGB5988.jpg

新しくなった大石田そば街道のパンフレットがありました、中身を読んでみると
こちらのお店の「そば吉峰」さんは、そば街道の十五番店になっています。

SWGB5998.jpg

右手に廊下が長く続いていて、部屋がたくさんあるようです、僕は一番手前の
部屋に入りました、この部屋では厨房が見え、蕎麦打ちをしているところも見る
ことが出来ると思います。

SWGB5989.jpg

SWGB5990.jpg

品書きを見ると、温かいかもそばや温かいとろろそば、そして温かいかけそばも
あるようです、僕はもちろん、もりそばを注文しましたが、小もり(約1人前)、普通
もり(約1.5人前)、私もり(約2人前)、俺もり(約3人前)、得もり(約4人前)と種類
があり、俺もりくらいは行けるかな、と思い、俺もりにしました、お店の人から3人前
ですが、と確認されたので、「はい!」と返事をしました(笑)。

SWGB5991.jpg

つゆには大根おろしの絞り汁か水かどちらが良いでしょうか?と聞かれたので
????と考えていたら、つゆが濃いので大根おろしか水で薄めないと食べれ
ないそうです、僕は辛いのが苦手なので、水をお願いしました、一緒に出て来た
のが大根煮に甘味噌がかけてあるのと漬物が出て来ました。

SWGB5992.jpg

おおっ、これが「俺もり」約3人前か…、なんか行けそうな気がします♪

SWGB5994.jpg

水につゆを入れて、ちょうどいい濃さにして食べます、この麺が面白いですね、
かなり平たい感じです、山形市にある近江屋の麺によく似ています、部分的に
細いところや太いところがあり、一箸ごとに違う食感が味わえます、う~ん…
やはり、蕎麦の量は結構ありますね、でも全然飽きないですね、これは初体験
の蕎麦です!

SWGB5995.jpg

食べ終わる頃に、蕎麦湯と「蕎麦豆腐です。」と言われて出て来たデザートです、
ふわっと柔らかな感触に黒蜜ときな粉が絶妙なバランスです、これって、サービス?

SWGB5997.jpg

俺もり(約3人前) 900円
そば吉峰(きっぽう)
山形県大石田町駒籠116-3
TEL 0237-35-4839
営業時間 AM11:00~PM18:00
定休日 水曜日
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/700-a6c6eb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。