上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と言う事で、行って来ました「あづまや」さんへ、そういえば以前来た
時は携帯のカメラだったので今回は一眼レフでバッチリ撮ってみましょう!

SWG5378.jpg

SWG5379.jpg

ん?新そば、北海道の音威子府産(おといねっぷさん)の新そばらしい
です、よく北海道産のそば粉を使う山形のそば屋さんがありますが、
音威子府と言う地名は初めて聞きました、音威子府は、道北にある北海道
で一番小さな村です、平成19年9月末の住民基本台帳によると人口は973人
とのことです、これは食べてみないと、以前、訪れた時は全然気が付きません
でした。

SWG5380.jpg

新そばも食べたいのですが、ダッタンそばも食べてみたいのです(笑)。

SWG5381.jpg

くう~、新そばの文字がやけに目立つなあ~

SWG5467.jpg

確か、このお店では板そばの合い盛りがあると思いましたが…

SWG5382_20091023180421.jpg

品書きを見ると、田舎そばと細打ちそば、そしてダッタンそばの2種類の組み合わせ
で頼むことが出来るようです、もちろん田舎そばとダッタンそばの合い盛りをお願い
しました。

SWG5383.jpg

注文するとお店の人がダッタンそばは苦味がありますがいいですか?
と聞くので、「大丈夫ですよ!」と応えましたが、そんなに苦いのか…

SWG5465.jpg

田舎そばとダッタンそばの合い盛りが出て来ました。

SWG5392.jpg

まず、最初に二・八で打ったという音威子府産の新そばを食べてみましょう!
太さは山辺町の浪花亭さんの麺を思い出しますが、浪花亭さんよりは平打ち
なのかなと思います、やはり新そばですね、蕎麦の香りが強いです。

SWG5390.jpg

おっと!この田舎そばを全部食べる前に、ダッタンそばを食べてみましょう!
一口啜ると、やはり少し苦味があります、美味しいとは言えないですね、
分かって頼んだのですが、別名、苦そばと言われるダッタンそばの主産地は
標高2000m~3500mの山岳地帯の中国雲南省や四川省などで栽培される
高山植物だそうです、多く含まれているというルチンが高血圧や糖尿病に
いいようです。

SWG5391.jpg

かなり味が厳しいので、ウズラの卵とネギと、あれっ?本山葵だ!を入れて
食べ、つゆを全部使って食べます、その後、新しく継ぎ足したつゆで残りの
田舎そばを味わいます、蕎麦湯は蕎麦と一緒に出て来ましたが、美味しかった
ですね、そうそう、蕎麦湯にもルチンがたくさん含まれているんですよね~

合い盛り板そば 1,300円
あづまや
山形市防原町3-4
TEL 023-629-2136
営業時間 AM11:00~PM15:30(平日) AM11:00~PM18:30(土日祭)
定休日 なし 元旦・2日のみ
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/684-1941a580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。