上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、大江町シリーズ第2弾です、昨日、一昨日と台風の影響が
心配でしたが、さほど県内は被害がなかったようで何よりです、
雨や突風も市内はひどくはなく今日の昼頃には太陽が出て来て
台風一過になりました。

JR左沢駅は前回、紹介した大江町交流ステーションと併設されて
います、最初の写真は同じようになっていますが、駅よりに撮影し
てみました。

SWG4899.jpg

大江町のタウンマップの掲示板があります、横には写真もあって
なかなかいいですね。

SWG4863.jpg

左沢駅の駅名の由来が書かれているパネルがあります、読んで
みると、こう書かれています、難解な地名だけに地名の起源には
謎が多いと記されています、いろんな由来があるようです。
その一つとして、かつて寒河江の領主であった大江氏が近郊の
長岡山に登って西の方を見たとき平野山の左手に見える山谷を
「あちらの沢」と読んだことが地名の由来だと言われています。

SWG4864.jpg

駅のホームに入ってみましょう、入場券いるのかな?と思い窓口
の駅員さんに聞くと「別にいいですよ、写真撮るんでしょ。」と言わ
れました♪

SWG4896.jpg

ホームにはフルーツライナーと呼ばれる左沢線の車両が出発を待って
いました。

SWG4897.jpg

あれっ、隣にある車両は何だろう?あまり見かけない車両です…

SWG4877.jpg

JRの車両ではないようです。

SWG4879.jpg

家に戻ってから調べてみると、この車両は「マルチプルタイタンパ」
という車両でマクラギ下に砕石をつき固めて線路の凹凸を改善し、
列車が滑らかに走行できるように補修する機械とのことでした。

SWG4887.jpg

SWG4882.jpg

SWG4883.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/672-f7e0e1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。