上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肘折温泉の由来は昔、一人の翁(おきな)が崖から落ちて、肘
を折ってしまい、このお湯で治したことからと言われています。

その肘折温泉では昔、金や銅が採掘されていたそうです、
(現在は閉山)その頃は料理屋として営業していましたが
その後、そば専門になったという「寿屋」さんに行って来ました。

冬場は豪雪地帯であり、なかなか訪れる機会がありません
でしたが、今回やっと行くことが出来ました、お店の場所は
温泉街に入り銅山川と苦水川が合流していますが、その
銅山川のほとりにあります。

SWG4607.jpg

3~4年前にこの寿屋さんに行った人から建物が変わっている
と言われました、多分、この間に店を改装したのではないかと
思われます。

SWG4609.jpg

お店はAM10:00~オープンしていますが訪れたのは平日のAM11:00
なのでまだお客さんは少ないようです、とにかく中に入ってみましょう。

SWG4608.jpg

この店は2階にも客席があるようですが1階には縁側のある座敷席が
あります。

SWG4612.jpg

右側にテーブル席があるようなので進みます。

SWG4614.jpg

奥には薪ストーブがあります、なかなかいい感じですね♪

SWG4610.jpg

さて、席に座りましょうか…

SWG4611.jpg

品書きを見ると温かいそば類もあるようです、板そばを食べたい
ところですが、この後またそば屋さんに行く予定があるのでもりそば
にしました。

SWG4620.jpg

こちらの店では北海道産の玄蕎麦を使い、その日の朝に自家製粉
し三・七で打っているといいます、そば湯はそばと一緒に出て来ます、
つゆには最初から葱が入っています。

SWG4615.jpg

麺はツルツル・シコシコという感じです、少し柔らかめかな?つゆは
あっさりとしていて万人向けというところでしょうか。

SWG4617.jpg

もりそば 550円
寿屋(ことぶきや)
大蔵村大字南山571
TEL 0233-76-2140
営業時間 AM10:00~PM17:00
定休日 毎月第2月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
スポンサーサイト
  
コメント

あー、ここ私も行きましたー♪
行っただけで食べてこなかったのですが。。笑
(ランチを食べた後で同行舎だけ食べたのでした^^)
にゃん │URL│09/04 20:40│編集

にゃんさん、こんにちは!v-222
やっぱり年配の方が多く訪れるということで
柔らかめになっているのですね、なんだか
僕には物足りない感じでした。

しかし、肘折温泉!遠いですね~時間は
さほど掛からないのですが、とても長い
距離に感じました…

でも新庄までは早いですね、新庄のそば屋
さんも行って見なきゃ♪v-283
ひろぽん→にゃんさんへ│URL│09/05 08:39│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/660-d4853975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。