上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、出かける時は晴れの日が続いて助かります、というか
暑いです(笑)、一体いつから晴れ男になったのか…

昨日は久々に米沢に行って来ました、丸ポストを探しにです、
以前にネットで調べておいた丸ポストの場所を目当てに探して
みたのですが4つの内、3つの丸ポストは消滅していました…
でも、まだ白布温泉に丸ポストが残っているようなので次回は
白布温泉、他に丸ポストがありそうな小野川温泉とかも行って
みようと思います。

その米沢に行った目的のもう1つはもちろんそば屋さんです、
只、時間がまだ早く、市内のそば屋さんが開店する時間まで
1時間以上もあった為、少し離れた入田沢地区の福島県境に
近い道の駅「田沢(なごみの郷)」まで足を延ばしてみました。

SWG4468.jpg

訪れた日は平日でお盆休みも終わっているのに結構混んで
いてビックリです、地区120年以上経っているという古民家を
移築したという道の駅の名物は不動そばと言われる手打ち
蕎麦です。

SWG4469.jpg

米沢そば街道マップには蕎麦のほうの営業時間はAM11:00
からとなっていたのですが中に入って聞いてみるとAM9:00頃
からやっているとのことでした、駅舎の隣に別棟の建物があり
そこで蕎麦打ちをする人の姿が見えました、とにかく中に入って
みましょう!中は入口からお土産や名産品の販売コーナーが
あり奥のほうにそばを食べる食堂があるようです、更に奥に
進むと広い座敷があります。

SWG4470.jpg

手前にはテーブル席があるので、そこに座りました。

SWG4472.jpg

県外からの観光客用にいろんなガイドブックや観光案内の
パンフレットが自由に取れるようになっています。

SWG4473.jpg

さて、注文ですが不動そばと言われる、もりそばを頼みました、
そば粉は南原地区のでわかおりの玄そばの挽き立てを使い、
お湯でつなぎ二・八で打っているという。

SWG4474.jpg

「不動そば」とは、当地近くにある大同3年(808年)に弘法大師によって
開山されたと伝えられる、「大荒山不動尊」に由来しているそうです。
蕎麦のつなぎに使う水も最上川の最源流、大荒沢の湧水を使用している
とのことです。

SWG4478.jpg

つゆは濃い目に仕上がっていますが、この二・八の喉越しの良い太めの蕎麦には
ピッタリですね、蕎麦は噛むと甘味があり、蕎麦の香りが出て来ます、ここでは
地元で採れた山野菜が付いた天盛りそばが人気らしい、次回は是非、頂いて
みようと思いました。

SWG4476.jpg

道の駅田沢内 なごみの郷
米沢市大字入田沢573-19
TEL 0238-31-2753
営業時間 AM9:00~PM18:00
定休日 元旦のみ
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/653-62841c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。