上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川西町の小松から南に8Km、山形市内からだと約56Km、時間に
して約2時間のところにある荘輔そばさんに行って来ました、お店の
すぐ近くには玉庭小・中学校があります。

SWG3480.jpg

多分、この店に来ることはないだろうなあ…と思ってましたが(笑)、
以前から撮ってみたいと思っていた鉄塔が近くにあるので足を延ば
すことになったのです、山形市内からだと米沢に行くより距離がある
かな?という感じがしました。

SWG3481.jpg

玄関に看板が出てなければ外見は普通の家ですね、とにかく上がって
みましょう!

SWG3483.jpg

中に入ると厨房には奥さんがいました、軽く挨拶をして廊下を進みます
最初の部屋にはこの家のおばあちゃんとお客さんが二人話していました。

SWG3493.jpg

もう少し進んで2つ目の部屋に座る事にしました。

SWG3494.jpg

写真をご覧になって分かるように普通の家です、ちゃんとしたそば屋さんの
接客を期待してはいけません、この雰囲気が嫌いな人と好きな人に分かれる
と思います、僕は全然気になりません、反対に落ち着きますね、寝っころがって
雑誌でも見ていたい感じです、僕が座った場所はちょうど仏壇の前でした(笑)。

SWG3487.jpg

部屋は全部で3つあり、座卓が5つほどあります、かいもちも食べてみたいの
ですが、ここは板そばと海老と野菜天をお願いしました。

SWG3488.jpg

部屋から見える庭は手入れが行き届いている感じがします。

SWG3486.jpg

最初にそばつゆとお浸し、漬物が出て来ました。

SWG3490.jpg

美味しく漬物を食べていると、次に海老と野菜の天麩羅が運ばれて来ました、
海老以外は漬物も野菜も主人自ら採って来た山野菜とのことです、初代の店主
である井上憲一さんは亡くなられたようで、息子さんが後を継いでいるようです。

SWG3489.jpg

箸入れに使っている紙に何か書いてあります、季節の言葉や品書き、お土産
の種類などが書いてありました。

IMGZ_1684.jpg

この店の蕎麦は自家栽培した「でわかおり」と青森県三戸町の在来種のそばの
階上早生(はしかみ・わせ)を自家製粉しているとのことですが初代が亡くなった
あと受け継がれているのでしょうか…

SWG3491.jpg

二・八で打たれた中細の少し平たい感じの蕎麦です、コシが強いと思いました、
蕎麦の風味も強く感じますね、つゆもこの挽き立ての蕎麦の香りを邪魔しない味
です、山形市内からはちょっと遠いですが、この蕎麦を食べてみたら来て良かった
と思うのではないでしょうか。

SWG3492.jpg

板そば    1,000円
海老と野菜天 600円
かいもち    600円
荘輔そば
山形県置賜郡川西町大字玉庭5013
TEL 0238-48-2962
営業時間 AM11:30~PM14:00
定休日 火曜日
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/637-c3a5f3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。