上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山形市の中心より少し北側の宮町にある圓應寺です、本尊は
聖観世音黄金仏です、今回は山形市内の四つの最上三十三
観音を回ろうと思ったのですが突然の雪で残念ながら一ヶ所だけ
になりました。

SWG1072.jpg

圓應寺は、室町時代の延文元(1356)年、山形城主・斯波兼頼公
が城の北東方に位置した現在地に城の守護仏として観音を奉安
したことに始まります。

SWG1073.jpg

中には入れなくて見れませんでしたが、この本尊は、兼頼公が自信
の兜の前立てとしてつけていた弘法大師作と伝えられる観音像です
、山門。

SWG1075.jpg

SWG1076.jpg

鐘突き堂

SWG1084.jpg

境内には延文2年(1357)銘の板碑(県指定文化財)があります、
板碑とは石塔婆のことで、観音堂の側に屋根のついた祠をお祭り
してあるところにあるそうです。

SWG1081.jpg

SWG1079.jpg

観音堂

SWG1086.jpg

圓応寺観音は胎内秘仏本尊という特性から「良縁成就」「子宝安産」等の
参拝者が多い。

SWG1087.jpg

SWG1089.jpg

こちらは圓応寺の本堂

SWG1090.jpg

SWG1057.jpg

「ご詠歌」
おしなべて ほとけにむすぶ ゑんのうじ
たかきいやしき たのまぬはなし

最上三十三観音 第四番 真言宗 大慈山圓應寺
山形市宮町4-16-33
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/535-c8591dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。