上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変なタイトルですね(笑)
今日は昨日の上山編の続きです。

寛永6年に紫衣事件で幕府の怒りをかい
京都大徳寺の長老沢庵禅師が配流され、
住んだという「春雨庵」が上山城の
近くにあるというので行ってみました。
建物は国の重要文化財の指定になってるそうです。

CA340255.jpg


これが住まいのようです、他にも茶室や離れも
あります。
CA340258.jpg


いろいろと由来や沢庵禅師のことが書いてある
掲示板もありました。
この方が沢庵(たくあん漬け)を発案したんですね。

CA340259.jpg


さて、一休とはそば屋さんの店の名前でした、
このお店も上山城の近くにあります。
道路を走っていると「ニ八そば」の大きな看板が
見えるのですぐ分かりました。

CA340251.jpg


お店を入るとすぐ右側に蕎麦打ち処がありました、
写真はないですが、打つところを見てみたいです。

CA340250.jpg


何故か店頭には狸の置物が…
店の中にもこれより少し小さめの狸の置物がたくさんありました、
何故、狸の置物なのか聞けばよかったです…

ここでは創作のそば料理も楽しめるようです、
今度、家族で来れる機会があったら、是非、食べて
みたいです、メニューは蕎麦の刺身・そば田楽・
揚げそばがき・蕎麦菓子などなど…

店主は「そばの声を聞き、そばの気持ちを汲みとりながら
店頭の石臼で挽いた香り高いそば粉を使っているんです」
と言う。

つゆにもこだわり、水道水の中に白炭を入れ浄化した
水を使うことで不純物がなくなり、ダシの鰹節の持ち味
を引き出すことができ、マイルドになるという。

なめこ・とろろ・納豆の3つの味が楽しめる三味そばや
リノール酸たくさんの美容にもいい紅花そばとかありますが
ここは、やはり、せいろを1枚注文しました!

CA340253.jpg


偶然なのか、たくあん漬けを大きめにカットしたものが
付いて来ました。

店主の言うようにそばの味はマイルドな感じです、
でも歯ごたえはあります、つゆも鰹節をその日の分だけを
使用しているので香りが生きてます、そばって奥深いですね…


一休
上山市鶴脛町2-12-5
023-672-2062
せいろ(もり)650円

スポンサーサイト
  
コメント

すっごく気になります…
蕎麦のお刺身って?…
今度是非!食べてほしいです^^
あと蕎麦菓子も!
すず。│URL│01/23 15:33│編集
すずさん♪
はい!僕もすごく気になります♪
メニューの写真を見ただけでは良くわからない
ので、是非、本物を食べてみたいです!

ただ…娘がそば好きじゃないんです…
だからカミさんと二人で行った時に(笑)
ひろぽん♪│URL│01/23 18:59│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/50-ac5bb1b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上山藩武家屋敷通りと春雨庵
上山藩武家屋敷通りと明新館跡 ▲上山藩武家屋敷通り。左にあるのは明新館跡 ・場所:山形県上山市元城内 3-7の周辺 ・行き方:上山城から徒歩で約8分(城から春雨庵) ・駐車...
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。