上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成11年2月にスタートした「おくのほそ道・尾花沢そば街道」の五番所に
なっている、そば処「甲州屋」さんに行って来ました、そういえば尾花沢市の
そば屋さんはまだ七軒しか回っていないんですね~、今回の甲州屋さんで
八軒目になります。

DSC_8297.jpg

羽州街道の宿場町、日本最北端の幕府代官所の所在地として栄えた尾花沢。
俳人芭蕉も「おくのほそ道」の紀行中、尾花沢を訪れ、名句を残しています、芭蕉
の時代には「そば切り」が始まっていました、芭蕉はどんなそばを食べたのでしょうか。

DSC_8299.jpg

ここ甲州屋さんは大正14年創業の地元密着型の老舗です、現在の店主が
三代目になるそうです。

DSC_8301.jpg

入り口が正面の他に駐車場側にもあります、あくまでも想像ですが雪が積もると
道路側の入り口から入れなくなり駐車場側から入るのではないかと…

DSC_8298.jpg

店内に入ると、奥に座敷があり、他にはテーブル席が4つあります。

DSC_8302.jpg

年季の入った暖簾の近くには「ゆう遊三味会」という札が見えますが、これは
「おくのほそ道・尾花沢そば街道」を結成するにあたって、栽培農家、そば屋、
消費者からなる「ゆう遊三味会」を組織し、栽培からそば打ちまでの研修を積んで
技術の向上に努めているということだそうです。

DSC_8306.jpg

甲州屋さんでは今の店主が考案した「なっとうそば~冷たいそばの上に、納豆、
大根おろし、卵黄などたくさんの具が載っている」がお薦めらしいですが、やはり
ここは基本のもりそばをお願いしました。

DSC_8304.jpg

もりそばが出て来ました、つゆが澄んでいますね~薄味かと思いきやコク味のある
鰹のだしが効いたいい味です。

DSC_8309.jpg

蕎麦は中細くらいですが蕎麦の香りと味が強いですね、もちろん新そばですが
こんなに蕎麦の風味と香りがする蕎麦はあまり出合ったことがないです、麺は
もちろん地元産を使用しているとのことですが、二・八で打ってるのでしょうか?
これは蕎麦好きの人でしたら大満足ですね!

IMG_1162.jpg

もりそば 550円
そば処 甲州屋
尾花沢市中町3-17
TEL 0237-22-0125
営業時間 AM10:30~PM19:30
定休日 不定休
駐車場 2台
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/479-eb5ab72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。