上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東根市役所の近くにある十割り蕎麦「勝太郎」さんに行って
来ました、以前から気になっていたそば屋さんでした。

DSC_8310.jpg

まだ開店して2、3年くらいなのでしょうか、その頃あたりから道路沿いに
ノボリを見かけていたような気がします。

DSC_8311.jpg

DSC_8314.jpg

店の入り口の脇には中からは見えないようになっていますが蕎麦打ち場
のようです。

DSC_8312.jpg

中に入ると「手打ちそば」、「板そば専門」と書かれた看板が置かれています。

DSC_8320.jpg

店の中にはこんな文が掛かっていました。

~100%そば粉と水だけを使ってそばを長くつなげるのは不可能と言われています。
お湯や塩水を使えばつなげることが出来るかもしれません。私は真水だけを使い
長くつなげることが出来ました。誰にも負けない県内どこでも食べることが出来ない
と自負する本物のそばを是非ご賞味下さい。店主~

店内は全部、座敷席になっているようです、僕が座った目の前に「本日の品書き」
と書かれたボードがあり板そばとニシンが書いてあります、普通の板そばをお願い
しました、品書きの下に「一蕎麦一心の店」と書かれてあります。

DSC_8316.jpg

奥の方にもテーブルがあり、一人で来ても気を使わないで座れる感じです。

DSC_8317.jpg

これは後で聞いたのですが、蕎麦は1日15食くらいしか打たないとのことで
蕎麦が無くなったら閉店するらしい、僕が行ったのはAM11:30なので多分
今日、最初の客なのかも知れない…

DSC_8318.jpg

どうやらお店のほうはご主人一人で切り盛りしているらしい、いろいろと
話を聞くことが出来ました、特に蕎麦を打つ水には拘っているそうです、
名水と呼ばれる湧き水をご主人が汲みに行き、他の名水と呼ばれる水
を配合して使っているそうです、そして、その名水はテーブルの上にも
あります。

IMG_1163.jpg

お待ちかねの板そばが運ばれて来ました、ご主人が板そばの価格で
大板そばをサービスしてくれました、ありがとうございます♪

DSC_8322.jpg

十割りそばなのに細打ちである、一口目をつゆをつけないで啜ると
蕎麦の香りが口の中に広がっていく…
細打ちなのに麺にコシがあり歯応えが楽しめる、つゆも辛からず甘からず
繊細な味で蕎麦の風味を生かしている、絶妙なバランスだ!
こういう蕎麦を食べさせるそば屋さんは山形には少ないと思います、機会が
あれば是非、行ってみて下さい。

ああ~、今回は麺のアップの写真は失敗かも…

IMG_1168.jpg

十割りそば 勝太郎
東根市大字東根甲5894
TEL 0237-43-6920
営業時間 大体昼頃(売れ切れ次第終了)
定休日 不定休
スポンサーサイト
  
コメント

おお、さすがひろぽんさん。
記事を読むだけでその蕎麦を実際に食べてるような、そんな感じがしてきました。

僕もこないだ板蕎麦を食べてきましたが…。
「うまい」という感想しか出てきませんでした。まだまだ修行が足らんのぅ。
たかぼう│URL│10/28 21:03│編集

蕎麦は「うまい」だけで十分です(笑)。
しかし、このお店の主人の蕎麦への拘りは
素晴らしいものがあります、もう一度訪れて
酒など呑みながらゆっくり蕎麦について話して
みたいものです。
ひろぽん→たかぼうさんへ│URL│10/29 13:38│編集

ここ、私も気になっていました。
のぼりはよく目にするんですが。

機会があったら行ってみようかな^^
にゃん │URL│11/03 11:31│編集

是非、行ってみて下さい♪
そしてあの美味しい水を飲んでみて下さいな!
メッチャ名水です(笑)

新そばが出たばかりなので、どのお店に
行っても香りの良い蕎麦が食べられますね~
但し、記事にも書いてありますが1日15食だけ
ですのでお早めに!ただ開店時間がわからない
のがちょっと…
ひろぽん→にゃんさん│URL│11/03 12:33│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/470-b306fd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。