上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だか昨日から体がだるくて頭痛もあったりして、風邪なのかな?
と思い薬を飲んでたりしましたが、休みの日は野草園に行く予定を
していたので、こりゃあ無理かな…

なので夜は熱燗をグイッと呑んでフラフラする身体をベッドにしまい
こみました、すると何と、朝起きたら体調が戻ってました、まあ完全
ではなかったのですが、野草園の中を歩き回っていたら結構な汗を
かき、いい運動になりました、いつの間にか風邪はどこかに行って
しまったようです。

初秋に訪れた野草園はもうすっかり秋の気配です…

DSC_8002.jpg

ヒガンバナは秋田県以南の人里植物です、人のそばが好きで
山の中には見られません、原産地は中国とされていて、日本には
古い時代に入ったものと考えられています、まだ8月に撮った写真
もUPがままならないのですが、冬場は撮れないですので、撮りためた
ものを冬の期間に「ふぉとギャラリー」で少しづつ紹介して行くつもりです。

そんな訳で、たまにはリアルタイムの写真をと(笑)

DSCS_7951.jpg

撮影年月日 2008.10.1
スポンサーサイト
  
コメント
こんばんは~(*'-'*)
久しぶりのブログ更新でしたが、駆けつけてきてくださって
ありがとうございました。うれしいですよ~。またきてくださいね!

このごろ急に寒くなったので、我が家でも父が具合が悪いとか
いっていました。猫たちも寒くなったせいか、すぐに布団の中に
入りたがります。昨日の晩はドアを閉めていたはずなのに
朝、気づいたら猫たちが、わらわらと布団の中で寝ていましたよ~。
めるさんはふかふかな毛があるので、いまがちょうどよいかな?

この間ははに「マンジュシャゲがきれいな時期だね」といわれ
どんな花?と聞き返したら彼岸花だと教えてくれました。
ずーっと違う花だと思っていましたよ(≧∇≦)
今が見ごろですよね♪
ネコヴィッチ│URL│10/01 22:58│編集

は~い、また遊びに行きますね♪

そうですね、ヒガンバナは梵語(ぼんご)で
曼珠沙華と言い、赤い花を意味する言葉ですね
、梵語とはサンスクリット語とも呼ばれますが、
インドと南アジア・東南アジアの言語です。

日本での和名の由来は秋の彼岸に咲くことから
ヒガンバナと呼ばれています。
ひろぽん→ネコヴィッチさんへ│URL│10/02 12:47│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/453-f22f867d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。