上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高畠町シリーズもう少し続きます、今回は泉岡の高台にある明神山
にある大宮子安神社です、ここには牡丹姫伝説というのがあります。

DSC_7626.jpg

DSC_7627.jpg

石段の近くに「明神山と牡丹姫の伝説」というタイトルの説明板が
ありましたので、とりあえず原文のまま紹介します。

その昔、この地に加賀白山明神が祭られ桜の名所として有名であった。
伝説によると伊達氏の重臣一本柳城主浜田大膳は子無きにより霊験
あらたかな亀岡文殊菩薩に願を立てたところ、信心深き願い通じ女子を
得て牡丹姫と名付けた
さて、姫美しく長じ新宿城主志田義次に嫁しやがて懐妊、一本柳への
道すがらこの地で急に産気づき玉のごとき男子をもうけたが、肥立ち悪く
遂に帰らぬ人となってしまった。
人々はこれを憐れみ一祠を建てその霊をとむらった。以後、子安明神と
称し安産を願う人多近郷に知られることになった。

DSC_7625.jpg

↑何か書かなくても読めますね(笑)

これを簡単に言うと、一本柳に住んでいた殿様がなかなか子供が
授からないので亀岡文殊に願をかけに行ったそうです、七日目辺りに
夢の中に文殊様が現れ牡丹の花で二人の頭を撫でたそうです、その後
女の子が授かり牡丹で撫でられた子供なので牡丹姫と名付けられました

その後、牡丹姫は二井宿の殿様の奥方なったのですが、お産のための
里帰りの途中の泉岡で産気づいた牡丹姫は子供の命だけは助けて欲しい
と文殊様の方向に向かってお祈りしたあとに息を引き取ってしまったそうです。

そして、この泉岡の高台の明神山に牡丹姫を祀った子易明神がありますが
安産祈願の明神様として多くの人がお参りしているとのことです。

DSC_7629.jpg

高台と言われるだけあって結構、登りがキツイです…

DSC_7630.jpg

途中からは山道のようになっています。

DSC_7631.jpg

これが子安神社の祠です。

DSC_7632.jpg

場所は大体この辺です→ここ
スポンサーサイト
  
コメント

高畠を紹介したブログにお目にかかりました。
びっくり、 
東京在住ですが、高畠のブログを書いています。
中身が濃すぎて(人の話)読みにくいですが
1から96まで、話をつないでいます。
お時間ありましたら、どうぞ

ブログタイトル「学翁の碑」
はまだURL│02/05 16:02│編集

初めまして!山形出身の方なのでしょうか?
先ほどブログの方にお邪魔しました、時間の
ある時にゆっくり拝見させて頂きますので
宜しくお願いいます。

高畠町は歴史のある町ですね、大好きです♪
最近、地元のニュースで高畠町の乳製品工場
が稼動して、昔、製造していた高畠生バターを
作っていて話題になっているそうです、近々、また
高畠に行く予定ですので購入したいと思ってます
道の駅たかはたで販売しているそうですが通販も
やっているそうです。

数あるブログの中から僕のブログの高畠町の記事
を見つけて頂いてありがとうございました。
ひろぽん→はまださんへ│URL│02/05 21:19│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/450-511ac908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。