上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月の12日(土)~13日(日)に白鷹町で第14回となる
紅花まつりが開催されます、その日は行けないので昨日
長井市に行く予定があったので立ち寄ってみました。

DSC_6169.jpg


伝説の煉羊羹を買いに「清水屋酒店」さんに行ったついでに
紅花のある場所を聞いてみるといろんな場所に紅花畑があると
いうことで、わざわざ地図で説明してもらいました、最初に行った
のは荻野大日堂ですがまだそんなに咲いてないようでしたので
もう一つの畑の方に行ってみました、上の写真のように通りから
分かるように所々に案内板がありますので探しやすいですね。

DSC_6170.jpg


何でも、この日は「NHK」のテレビ取材があるとの事ででした、
今まで知らなかったのですが白鷹町は山形では紅花の生産量が
一番多いんですね、僕は庄内地方や高瀬地区が多いのかと思って
ました。

DSC_6172.jpg


紅花まつりの当日はいろんなイベントがあるみたいです、白鷹紬の
はたおり体験や紅花染め体験(ハンカチ)、紅花のリースづくり体験…

DSC_6174.jpg


滝野にある滝野交流館(旧滝野小学校)が紅花まつりの会場
になるようです。

DSC_6175.jpg


紅花は山形県の「県花」でキク科の二年草/原産地はエチオピアです、
エジプトからシルクロードを経て、中国から日本に伝わりました、山形には
室町時代に入ったとされています。
花を摘み、塗料、口紅、漢方薬の原料として珍重されてきた花です、種子
からとれる油が「紅花油」(サフラワー油)で高リノール酸やビタミンEを多く
含んでいます、花言葉は「包容力」「熱狂」「夢中」です。

~白鷹町観光協会資料より~

DSC_6176.jpg


DSC_6177.jpg


この畑ではちょうど収穫作業をしているところでした、花が扇形に咲いて
から、花びらの3分の1が赤くなれば「摘み時」だということです。

DSC_6180.jpg


期間中は菅間忠男さんの草笛演奏や鞍置八幡神社獅子舞、畔藤田植え踊り
などのイベントも行われます。

DSC_6182.jpg


【 主 催 】 白鷹紅花まつり実行委員会
【お問合せ】 白鷹町観光協会/白鷹町産業振興課
山形県西置賜郡白鷹町大字荒砥乙555-1
TEL 0238-86-0086/TEL0238-85-6126  FAX0238-86-0087
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/398-343fd571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。