上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のそば日記です、最近は写真を撮りすぎるので
後から整理するのが大変でアップが遅れてしまいます、
そんなに撮らなきゃいいのにと思うのですが(笑)

今回、訪れたそば屋さんは龍伝説のある臥龍橋の近く
にある「臥龍亭」さんです。

DSC_4624.jpg


寒河江市内からは国道112号線の高松からバイパスに
行かないで旧道の方を白石方面に進むと上の看板が見えて
来るので右折します。

DSC_4627.jpg


さて、お店に入る前に臥龍橋の伝説について少しお話しましょう、
臥龍橋(がりゅうきょう)は朱色の欄干とアーチ型の美しい姿、そして橋の
半分に絡まるツタが印象的な橋です、寒河江川に架けられている橋の中
でも風景に調和し名橋と名高い橋で日本の名橋100選にも選定されてい
ます。

初代の臥龍橋は文政10年(1827)、柴橋代官代官だった池田仙九郎に
より建造された木橋で、型式は異なるものの現在の橋と同様に橋脚の
ない橋でした、現在の橋は3代目で、昭和12年に架け替えられたコンク
リート製です。

橋名の由来は、昔、寒河江川が干上がるほどの日照りが続いた時、
水を求めてさまよい歩いた女がようやく見つけた水を人間に姿をかえた
龍に与え、龍がその恩返しにと自ら姿をかえた橋であるという言い伝え
から臥龍橋と名付けられたそうです。

少し山の方に上って行って撮った臥龍橋です。

DSC_4642.jpg


お店の中に入りましょう!寒河江そばの散歩道三番店の看板が
あります、この寒河江そばの散歩道の案内は各そば屋さんの
店内に置いてありネット等では紹介してないようです、で、僕も
知っていたので寒河江のそば屋さんに行った時にはもらって来よう
と思っていたのですが忘れてしまいました…

DSC_4628.jpg


古い家具なども置いてあります。

DSC_4640.jpg


このお店はバリアフリーになっているので玄関から車椅子でそのまま
入り、テーブルに付くことが出来る部屋も用意してあります。

DSC_4638.jpg


夜は居酒屋になるという臥龍亭さんのここは座敷の部屋です、広い
ですね、駐車場も広いので団体客にも対応出来るそうです。

DSC_4631.jpg


そして部屋の外で川の上に張り出した床の上で食事が出来る
ようになっている川床席があります。

DSC_4630.jpg


僕が訪れたのは5月の中旬頃なので、まだそんなに気温は高く
なかったので利用することはなかったのですが、これから夏の
シーズンは寒河江川を見ながら冷酒で板そばなんて最高かも!
(先ほど紹介した臥龍橋が見えます。)

DSC_4633.jpg


頼んだのは半板そばです、外の景色を見ながら待っていると
大根の漬物が出て来ました、甘辛い味の独特の漬物です、
大きいのでこれだけでお腹が一杯になりそうです(笑)。

IMG_0409.jpg


半板そばだと思って油断してはいけない、普通の板そばが
3~4人前となっているので、その半分と言う事は1.5~2人前
になる。

IMG_0410.jpg


蕎麦は二・八で少し平打ちの細打ちでコシがあります、
僕はこういう蕎麦も好きですね~、確かこのお店に来る前に
1軒そば屋さんを回って来たと思うのですが美味しく頂きました。

IMG_0412.jpg


半板そば 890円 板そば(3~4人前)1,785円
手打ちそば 臥龍亭
山形県寒河江市八鍬5-16
TEL 0237-87-2288
営業時間 AM11:00~PM15:00
定休日 年中無休
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/390-ad9f8b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。