上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
間沢といえば山形交通の三山線の終着駅である間沢駅が
あったところです、開業時(1928年)は出羽三山の参拝客
や鉱山の貨物取り扱い、また月山へのスキー客で大事な駅
でした。
廃線後(1974年)は山形~鶴岡間のバス停留所になったが
建物の老巧化や山形自動車道の開通により当時の面影は
なくなっています。

ということで今回は何故か蕎麦を食べに西川町までやって
来たのでした、西川町で蕎麦といえば山菜そば、そして
山菜そばといえば出羽屋さんということになります。

DSC_4612.jpg


今でこそ山菜料理や山菜そばは全国でも有名な店になっている
出羽屋さんですが旅館でもあるのです、一部改築もしてあるよう
ですが開業は大正の末であり風格のある趣を漂わせる。

DSC_4622.jpg


DSC_4613.jpg


DSC_4611.jpg


そば処の入り口は旅館の入り口とは別になっています。

DSC_4620.jpg


中に入ると左手に3つのテーブルがあり、右手には椅子のテーブルが
3つ並んでいる。

DSC_4616.jpg


月山山菜そばといえば温かい鍋に山菜と汁が入っていて、その鍋に
蕎麦を入れて食べるのですが、その為に鍋を温めるガス器具が置いて
あります。

DSC_4615.jpg


本当であればこの山菜そばを注文するところですが、この日は結構
気温が高く冷たい蕎麦が食べたいと思っていたのでメニューを見ると
山菜冷そばというのがあったので頼んでみました。
最初に山菜が運ばれて来ます。

DSC_4618.jpg


蕨(わらび)を食べてみましょう、うん、シャキシャキのネバネバ(笑)
美味しいです♪

IMG_0398.jpg


こちらには3品の山菜が、お浸しと白胡麻和えと黒胡麻和えです、
胡麻の風味が良く、こちらも美味しいですね~

IMG_0399.jpg


山菜を食べていると蕎麦が運ばれてきました、そば粉は最高級の
ものを使い、コシが強く伸びないようにしているとのこと、お値段は
鍋で食べる山菜そばも山菜冷そばも同じ1,050円です。

DSC_4619.jpg


麺は平うちの太麺でツルツルでもっちりした感じです、これもいいけど
温かい山菜そばも食べたかったなあ…

IMG_0404.jpg


山菜冷そば・山菜そば  どちらも1,050円
山菜料理「出羽屋」
ホームページ→http://www.dewaya.com/main.html
山形県西村山郡西川町間沢58
TEL 0237-74-2323
営業時間 AM11:00~PM20:00
定休日 春秋のシーズンは無休
駐車場 200台
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/362-a6dc4573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。