上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のそば日記の更新です、一眼レフ用の替えレンズとか
携帯電話の機種変とかコンデジの購入計画とかいろいろと
ありまして、なかなか蕎麦も食べに行けないような感じでした。

今日は4月の始めに行った南陽市にある「そば処よしだや」さん
を紹介します、場所は赤湯の烏帽子山公園の西で宮内方面に
向かう道路246号線を進むと左にカーブする所にある吉野橋の
手前80メートルくらい手前を右折しますと右側に案内板が見え
て来ます。

DSC_3518.jpg


その看板を更に右折すると大きな看板が見えて来ます。

DSC_3521.jpg


普通の民家という感じですね、暖簾や看板がなかったらそば屋
さんとはわからないと思います。

DSC_3520.jpg


おや?暖簾のところに何か書いてあります…

DSC_3522.jpg


良く見てみると、数量限定の山都町産のそば粉を使った寒晒しそば
の案内でした、山都町といえば福島県の会津喜多方の飯豊山の近く
なんですが、標高が高く、昼夜の寒暖の差が大きな気候と、朝霧の
たつ清流沿いの耕地に栽培されていることで有名なのです、このお店
で山都町の寒晒しそばが食べられるとは思ってなかったので、これは
寒晒しそばを食べるしかないですね!

DSC_3523.jpg


とにかく中に入ってみましょう。

DSC_3524.jpg


よしだやさんはおきたま雛回廊の案内にも載っていますので、玄関には
焼き物で出来たお雛様が飾ってありました、この写真だけはストロボを
発光させました、この方が表情が穏やかに写ったので。

DSC_3531.jpg


いい感じの雰囲気の玄関です。

DSC_3532.jpg


玄関の上の方には団子木が飾ってあります。

DSC_3525.jpg


左側の方に部屋があるようで案内されます、右側には別室が
あるようでグループというか近所の奥様達が7~8人位で盛り上がって
いました。

DSC_3533.jpg


普通の民家ではあるのだけれど店舗風に作ってあるようですね。

DSC_3526.jpg


部屋の中は三方から光が入りとても明るくて気持ちがいいですね~

DSC_3528.jpg


いろんなメニューがあって最初に来た人は何を食べていいのか迷って
しまうかも知れませんね、僕も寒晒しそばと思っていたのですが、他にも
食べたい蕎麦が一杯あって悩んでしまいました(笑)、そして寒晒しそば
を注文しました。

こちらが山都町産のそば粉を使った寒晒しそばです、蕎麦の他にも
いろんな小鉢が付いています。

DSC_3536.jpg


小鉢の中にはこんなものがあります、これは「水そば」だそうです、聞き蕎麦
ということで一口分が出されます、これを食べると蕎麦そのままの味が分かる
というものですね。

DSC_3538.jpg


そして、こちらが蕎麦の実を使った小鉢、う~ん、いつも思うのですが日本酒
を呑みながら食べたいですねー(笑)

DSC_3539.jpg


蕎麦の方は初めて食べる山都町のそば粉ですが、勿論十割りということで
歯応えは抜群で喉越しもいいですね、寒晒し特有の甘味がありますが少し
辛口のつゆで食べると蕎麦の甘味がいっそう引き立つ。

DSC_3537.jpg


寒晒しそば(山都町産) 800円
そば処よしだや
山形県南陽市二色根513-3
TEL 0238-43-7610
営業時間 AM11:30~PM15:00 PM17:30~PM19:00
       AM11:30~19:00(土日・祭日)
定休日 火曜日
駐車場 7台
スポンサーサイト
  
コメント

ほぉ。南陽かぁ。
行ってみたいなぁ。
機会があれば。
場所分かるかしら。。(方向音痴)
にゃん │URL│04/26 21:31│編集

こんにちは!
近くまで来ると看板がありますので
分かると思いますよ♪
赤湯の郵便局のある交差点を南の
ほうに進めば簡単かも!
是非、行って見てください。
ひろぽん→にゃんさんへ│URL│04/27 08:03│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/334-5e0fff77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。