上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、紹介するお店は、昨日、行って来た
「や久志」さんから程近く車で数分のところに
ある、「山形一寸亭」さんです。

駐車場は広く、20台以上は停められそうだ。
CA340136.jpg


これが入り口付近、そば屋さんでも
ランチメニューをやる時代なんですね。
CA340135.jpg


この店の蕎麦は地下水を使用して、こね、茹でている、
ご主人によれば、地下水を使うと蕎麦の締り具合が
水道水とは全然違うとのこと。

「蕎麦の旨さはそば粉の鮮度、手打ちの技術、
そして清い水の3要素」と言う店主がこだわる井戸水は
地下60メートルから汲み上げる蔵王山系の浸透水。
30年から50年の歳月をかけ、ゆっくりと地下水と
してよみがえった「命の水」である。

そば粉は北海道産と地元産のブレンドを使用した
細打ちである。

つゆは3種類の本鰹を中心にしたブレンドであるが
これにも「命の水」が使われる。

僕は「せいろ」を注文した、この蕎麦を自分の
味覚で十分に味わう為には天麩羅や葱、山葵は必要ないで
あろう。
CA340137.jpg


早速、つゆなしで一啜り、素直な蕎麦の味が
口の中に広がっていく…
確かに水がいいのがわかる。

つゆを付けて一啜り、ちょっと辛めのつゆかな、
でも深い味だ、まるで、この素直な蕎麦を躍動感の
ある蕎麦にしている!

最後につゆにそば湯を入れて飲もうとすると
本鰹のいい香りが湧き上がってくるのだ、
蕎麦を食べている時にはそんなに香りを主張しなかったのに…

本当に蕎麦というものは深いものだと思った瞬間だ。

せいろ  600円
山形一寸亭
山形市薬師町2-17-2
023-631-2910
スポンサーサイト
  
コメント

お蕎麦って深いんですね…
地下水のお水って飲んだ事ないけど、きっと全然味とかが違うんでしょうね。
いつも美味しいそうなお蕎麦を食べれて羨ましいなぁ!!
すず。│URL│12/16 19:55│編集

ひろぽんさんって 私と舌が別物のような気がしますぅ
水の違いなんて私 分からんよ(-_-;)
っていうか、ひろぽんさん 味の表現が豊かで想像をかきたてられるんだ
ランチはなにがついてくるんでしょう?
nasu│URL│12/17 00:11│編集
すずさん♪
でもね、タバコ止めたからだと思うんですよ
今までは美味しいとは思ったけど本当の
蕎麦の味ではなかったと思うんですね、
人間、自然に生きてるってどんなに素晴らしい
ことか♪って、そんなに壮大なことじゃないっか!
すずさん、今度、山形に来て下さいよ~
お気にのそば屋さん3軒回りましょう♪
ひろぽん♪│URL│12/17 15:13│編集
nasuさん♪
そんなに表現豊かだとは思わないけど?
舌だって普通ですよん(笑)
最近は味覚過敏で困ってます…
嫌いな食べ物はより嫌いに…(爆)
ホントは蕎麦ガイドの本で見たメニューを
注文したんですけど、今はやっていないと
言われて、店の人がランチのメニューだっけ?
とか揉めてて…
結局、普通のせいろを頼んだんですけどね
ランチも色々あったみたいです、聞いておけば
良かった…
ひろぽん♪│URL│12/17 15:18│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/28-bdf1d972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。