上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から山形市の文翔館の広場で旧正月の初市が3日間開催され
ます、1月の初市の時にいつも休みが取れないので、今回は旧の初市
で「まな板」を買いに出掛けてみました。

DSC_2602.jpg


朝、起きた時は晴れていましたが着いた頃は少し雪が舞っていました…
小学生でしょうか、水筒をぶら下げて体育帽を被った子供たちがたくさん
いました。

DSC_2603.jpg


初市といえば団子木ですよね、ここでも3店ほど出ていました。

DSC_2615.jpg


DSC_2616.jpg


そして初飴ももちろんあります、たんきりあめって…

DSC_2607.jpg


屋台もたくさん出店していました、将来ある若者たちよ決してメタボにはなるなよ!

DSC_2606.jpg


花も売っています、昨年は雪が少なく春のような天気でしたが、この雪と寒さでは
さすがに見ている人は少ないようです。

DSC_2608.jpg


おおっ、でも梅の蕾なんぞを見ると春が近づいているんだなと言う気持ちになります♪

DSC_2609.jpg


おっと、肝心のまな板を買うんだった!食べ物の露店がたくさんあるけどまな板や
杵・臼などを売っている屋台が少ないので探すのが大変です、あった、あった。
この店で桐で出来た俎板(まないた)を買いました、幅も広いし使いやすそうなので
値段は2,000円、この位の価格なら納得です、その後、包丁もついでに買おうと
思って包丁のお店に行ったのですが、う~ん…予算的に4,000円前後では少し
考えてしまいます、因みに出店していたお店は市内の円応寺にある山形手打ち
刃物工房「鍛冶匠」さんでした、この店は歴史も古く伝統のあるお店なので暫く話
が弾み、今度、お店の方に伺うようにしました、バッグや小物入れなども作っている
ようです。

DSC_2604.jpg


俎板を買ったこの店では他にもいろんな物が売っており見ているだけで飽きません。

DSC_2605.jpg


トイレに行こうと思って県会議事堂の西側にあるトイレに行こうとしたら
「初市市神神社」という看板が見えました。

DSC_2610.jpg


ここは湯殿山神社があり、その中にあるのが山形の伝統行事“初市”の守護神で、
商売繁盛の神として、“いちがみ市神さま”と呼ばれ親しまれている市神神社があります。

DSC_2614.jpg


ご祭神は、やえことしろぬしのみこと八重事代主命と申し、別名「恵比寿神」です。
1月10日(10日えびす)の初市には商売繁盛・五穀豊穣を願い、縁起物の「おおかぶ」
「しらひげ」をうけに多くの参拝人でにぎわいます。

DSC_2611.jpg


湯殿山神社の手前の鳥居の近くには体の悪い部分と同じ箇所を撫でると治るという
牛さんがありました。

DSC_2612.jpg


う~ん、色が剥げている部分を良く見ると肩と内臓部分と腰の辺りが色が変わって
ますね、納得してしまいました、と言いながら自分で撫でてくるのを忘れてしまいま
した…

DSC_2613.jpg


さて、さて旧初市はあと2日あります、天気もそんなに悪くないようです、是非
行って牛さんの所に行って自分の体の悪い部分を撫でて来ましょう!

湯殿山神社
山形県山形市旅籠町3-4-6
TEL 023-633-1810
スポンサーサイト
  
コメント

牛さんなでたいでっす。
全身(^^;
菜子│URL│02/17 23:50│編集

お体に方はいかがですか?
2月に入ってますます寒さが
厳しくなって来ましたので
風邪などひかないように
お仕事頑張って下さいね。
ひろぽん→菜子さんへ│URL│02/18 07:41│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/278-f49be72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「初市」についての最新ブログのリンク集
初市 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。