上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日の話題は千歳山です、最近、メタボ気味な僕は少し山にでも登って
汗でもかこうと思ってみたのです。

以前もこのブログで紹介しましたが、あの時は登らないで山門の写真だけ撮って
玉こんにゃくを食べて帰って来ただけでしたので…

僕がまだ学生時代の頃は、この山門から最初の突き当たりまでうさぎ跳びをした
経験があります、冬は裸足で学校からランニングもしました、クラブ活動は柔道
でした。

DSC_1684.jpg


さあ出発です!最初は稲荷神社までです。

DSC_1687.jpg


DSC_1691.jpg


最初の突き当たりです、なんともいい感じですね~

DSC_1693.jpg


道は右に曲がります、それにしても鳥居が多いですね、昭和47年発行の『山形神社誌』に
依ると、72基の鳥居があることになっていますが朽ち果てた鳥居もあるので少し減っている
んでしょうね…

DSC_1695.jpg


山寺と違いずうっと石段が続いている訳ではなく、普通の山道になっているところが多い。

DSC_1699.jpg


石の鳥居も途中・途中にあります。

DSC_1701.jpg


もう、だいぶ登って来た様な気がするのですがまだかな…

DSC_1707.jpg


おおっ!やっと神社が見えて来ました。

DSC_1712.jpg


本殿の入り口にある2つのお狐さま、つるつると光沢のある像ですが何で出来ているのだろう…
近くにある社務所は鍵がかかっていて誰も居る気配はないので聞こうにも聞けない、お札でも
買おうと思ったのですが…

DSC_1716.jpg


こちらのお狐さまは口に何かカギの様なものを咥えているのですが…何だろう?

DSC_1717.jpg


それではお参りでもして行きますか。

DSC_1721.jpg


ポケットにある小銭を賽銭箱に入れて家族安全を祈るであった…

DSC_1718.jpg


さあ、いよいよ今度は山頂を目指します、途中、挫折することなく登りきることが出来ますか
次の山頂まで編をご覧下さい!

DSC_1719.jpg

スポンサーサイト
  
コメント

ひろぽんさん、はじめまして。
お写真すごく綺麗に撮れていますね。

おきつねさんの素材について
千歳稲荷神社の宮司さんに聞いてみました。
青銅(ブロンズ)で出来ていて
光沢は素材由来というのもあるが
参拝客がおきつねさんの身体をなでてゆかれるために
更に光るようになったとのことでした。
口にくわえているのは鍵で正解です。
緋色│URL│02/10 07:55│編集

初めまして!
コメントありがとうございます♪

ブロンズ製ですか!おきつねさんの体をなでるというのは
きっと何か自分の体の悪い所が治るようにとの意味もある
のでしょうね。
口にくわえているのは鍵(カギ)でいいのですか、謎ですね…
いろいろ、ありがとうございます♪
ひろぽん→緋色さんへ│URL│02/10 08:49│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/220-a7c47d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。