上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事の最後の方に「街の風景」でもアップした蕎麦畑の写真を載せていますが、
これを撮った日が9月12日だったと思います、花は満開の上に花の下のほうに
黒っぽいものが見えるようになります、これが蕎麦の実です。

さきほど、「落書き帳」のブログにも書いたのですが、ここでも少し書くことに
します、新そばは6月から8月にかけて収穫される「夏新」と呼ばれる
新そばと9月から10月にかけて収穫される「秋新」と呼ばれるものがあることは
蕎麦好きの方ならば知ることですが。

そのうち「秋新」と呼ばれる新そばは「夏新」と比べると味や香りが断然優れて
いるのです、その為「秋新」を新そばと言うのが普通でした。

そして、その新そばがそば屋さんで出されるのが多分11月中旬くらいなのでは
ないでしょうか、だから山形の蕎麦好き人間は冬になると活動が活発になって
来るのです、新そばが出るまでのワクワク感は蕎麦好きでないと味わえないのでは
ないでしょうか、どこどこの店で新そばが出た!という情報が入ると会社を休んで
でも(笑)駆けつけるのです。

最近、山形のそば屋さんで良く見かける「でわかおり」と言う蕎麦についてですが
山形は玄蕎麦の消費量が全国2位というのはご存知でしたでしょうか、ただし
県産の銘柄はごくわずかでした、その為、山形県立農業試験場において昭和63年
から在来種「最上早生(もがみわせ)」の品種改良を繰り返し、大粒で良品質な
特性系統を選抜育成した結果、平成8年度に山形県の優良品種に登録されたもので、
県産オリジナル品種が完成したのです、これで名実共にそば処山形になったわけです。

でわかおり」の特長は在来種に比べ、大粒で製粉白度、そば切りとしての香りが高く、
滑らかな良食味です。在来種より成熟時期がやや遅いことから、平坦部での栽培に
適しています、最近、山形郊外でそば畑が増えたように思うのですが、それが多分
でわかおりなのでしょうか…

DSC_0684.jpg


撮影日時2007.9.12
山形市南西部にて
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/190-11629cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。