上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前、ソラリスに映画を観に行ったついでにカジョセンの1Fにある
山形観光情報センターに置いてある観光パンフレットを頂いてきたの
ですが、その中に「きたにゃ」という東根・村山・尾花沢・大石田地域
密着生活情報誌があったのでパラパラと見ていたら、そば屋「昇」とい
うお店の紹介が載っていたのでもしかしたら大石田そば街道の15番店
になるのかな?と思っていろいろ調べましたが、大石田商工会の名店
ということのようです。

で、行こう行こうと思っていたのですが、なかなか行けずにいましたが
新そばとそば粉100%の玄そばという文字が頭から離れず、やっと重
い腰をあげました(笑)、今朝は冷えました、車に乗って気温計を見たら
2℃でした、ううっ寒い!なんでこんな時に大石田まで~

さてさてお店の場所は何処かな?大石田駅の西側の道路を北に進み
丹生川に架かる橋を過ぎると間もなく見えて来ます。

SWGB05_2837.jpg

開店はAM11:00からとは書いてありますが他の人の情報を見ると
15~30分間ぐらい遅れるようです、今日もAM11:20にオープンでした
、中に入ってお茶でも飲んで待ってて下さいと言われたので中で待つ
ことにしました。

SWGB05_2845.jpg

普通の民家をお店にしたようです、玄関も普通の玄関でした、部屋は
八畳間2つを仕切りを取って長テーブルが3つ置いてあります。

SWGB05_2838.jpg

SWGB05_2840.jpg

品書きがありました、う~んブレブレですね…
板そばが800円で大盛りが1,000円かあ、盛り具合が分からないので
普通盛りにしておくか、この後もう1軒行く予定なので。

SWGB05_2839.jpg

サービスで油揚げの煮物が出て来ました、品書きにあるものとは違うようです、
お茶と油揚げを頂きながら蕎麦を待つ。

SWGB05_2841.jpg

板そばが運ばれて来ました!そばの他に青菜漬けと赤カブ漬け、それにイカ下足
があります、漬物は蕎麦を食べながら頂いてイカ下足は食べ終わって蕎麦湯を呑む
前に食べてと。

SWGB05_2842.jpg

このお店で使うそば粉は大石田産の来迎寺を中心に最上早生、出羽かおりを使用
しているそうです、しかも氷室で保存し石臼挽きのそば粉100%、口に含むと新そば
の香りがふわ~っと漂う、大石田地方独特のあまり濃くないそばつゆが蕎麦の香り
を一層引き立たせる、ああ、美味しい!この麺の硬さがいいですね、やっぱり大盛り
にしとけば良かったかな…

SWGB05_2843.jpg

このお店は間もなく大石田そば街道の15番店になるでしょう!

そば屋 昇(しょう)
大石田町大字岩ケ袋148
TEL 0237-35-3223
営業時間 AM11:00~PM14:00(完売次第終了)
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1645-4f12fa99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。