野草園に行ったのは最近、股関節あたりの傷みがあり、これは絶対
運動不足が原因と思われたからです、案の定、野草園のウォーキン
グガイドに参加して2時間ほど歩いたら翌日は傷みが消えていました
、これはもっともっと歩かなければと思いました。

最近、出不精なのはテレビで面白いドラマがあるのでずっと家に引き
こもりでした、例えば「ナポレオンの村」、「初森ベマーズ」、「表参道
高校合唱部」とか、ホント面白いんですよね~、でも全部終わってしま
いました、悲しいです、あと、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知
らない」というアニメの実写版のドラマですね、最初はアニメの劇場版
を観たのですが、もう涙がボロボロでした、その後、テレビで実写版の
ドラマを観たのですが、実にアニメ版を忠実に再現していましたね~

あのはなアニメ

あのはなアニメ

あのはな実写

あのはな実写

このドラマ観た方は多いんじゃないんですかね…
さて、話は横道に逸れてしまいましたが、野草園の続きです、ウォーキングガイドの
続きですが、薬草コーナー辺りまで来ると栗の実がたくさん落ちていて参加者の方は
皆さん栗拾いに夢中でした(笑)。

SWGB05_1885.jpg

紫陽花通りに行く道沿いにエゴノキがありました、エゴノキの実は皮にエグみの原因
であるサポニンが含まれていて、昔はエゴノキの実をつぶして川などに撒いて魚を
麻痺させて、浮かんだ魚を取っていた、とも言われていますが、実際にはそこまで強い
毒ではないようです。

SWGB05_1887.jpg

ログハウスの方に行く途中にある東トイレの近くにはセンニンソウが咲いていました、
仙人草の名前の由来は実の先端につく白い羽毛状のものを仙人のひげに見立てた
ことから付いています、この花も有毒なので注意が必要です。

SWGB05_1895.jpg

そして秋と言えばこの花、ガマの花ですね、この雄穂の先には膨大な量の花粉ができ
ます、もし家に飾ってあったりすると家の中が大変なことになってしまいますので注意
ですよ、また、花粉には止血効果があり、生薬として用いられています。

SWGB05_1897.jpg

ガマの花の近くに珍しい花が咲いていました、ツリフネソウです、和名では釣船草と
言われています、花が帆掛け船を釣り下げたような形をしていることや花器の釣舟
に似ていることが名前の由来と考えられています。

SWGB05_1899.jpg

さて、今回はこんなところで、次回は最終回のVOL.3です。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1628-b1a8d516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)