上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぅ…、今日も暑い!そんな中、3、4日前のテレビで作矢沢のそば屋
さんの話題を放送していました、営業が4月から11月までで営業時間
も金曜日から日曜日までのAM11:00~PM2:00までと限定されている
お店だ、たまたま今週の金曜日が休みだったので早速、出掛けること
にしました。

とりあえず向かったのが畑谷城跡、城跡に行く途中に駐車場と休憩所
がありました、中に人は居ないそうなので説明は聴けませんでしたが
鳥瞰図でも見ておくか…

SWGB05_1870.jpg

ここを登るのか、ちょっと辛いなあ…

SWGB05_1866.jpg

少し登ると城跡の碑があった、実際はここから更に左側の山道を登って
行くらしいが、この暑さではちょっと足が重たいのでやめておくことにする。

SWGB05_1867.jpg

ここから下を見下ろしてもなかなかいい景色です。

SWGB05_1868.jpg

さてさて時間はもうPM1:30です、そば処弁天さんに向かいましょう!
畑谷城跡から車で2~3分で到着です。

SWGB05_1856.jpg

店内に入ると二組ほどお客さんがいました、入り口近くには地元産の
イチゴや湧水で作ったコンニャクがお土産用として販売していました。

SWGB05_1865.jpg

そういえば作矢沢地区は豊富な湧水が有名だそうです、この麦茶も
湧水で作ったのかな?

SWGB05_1864.jpg

店内は長い自然木のテーブルが2つと小上がりの座敷にはこれまた大きい
長テーブルが2つあります。

SWGB05_1863.jpg

さて注文してみましょう、と言っても品書きには手打ちそば一人前と大盛りの
二種類しかないのでテーブルに座って注文するのはどちらか一つになる、最近
はそば屋さんに行っていないのでここは大盛りを注文した。

麦茶を飲んで一息付いていると蕎麦が運ばれて来ました、んっ?この蕎麦の上
にたっぷりと載せられたワサビ…、どこかで同じような蕎麦を見たことがあるの
ですが思い出せません、帰ってから調べてみると、以前に山辺町の玉虫湖畔荘
で蕎麦を出していたご夫妻が町の事情で玉虫湖畔荘が閉鎖されたのを機にご夫
妻が独立してここ作矢沢に店を出したということでした、因みにその時の記事は
「新・そば日記」のブログで紹介していました。コチラ→ 玉虫湖畔荘

SWGB05_1860.jpg

以前の玉虫湖畔荘は平成23年11月30日に営業を終了しています、蕎麦については
玉虫湖畔荘の時と同じなので前回と一緒になってしまいますが、あらためて紹介しま
す、そば粉は地元産のでわかおりを使用し、そば打ちには作矢沢の湧水で弁天水を
使い、玄そばを二・八で打っています、ワサビはこれも作矢沢産の本ワサビで最初は
ツーンと来ますが後が爽やかな感じで鼻を抜けていきます、もちろんワサビは蕎麦の
上に少し載せていただきます、つゆに溶かすなんてことはしていけません、が、好き好
きですね!

玄そばなので麺にホシがはっきり見えますね、細打ちなのに歯ごたえがありのど越し
もいい、大盛りは結構な量がありますが箸が進みます、つゆはちょっと辛めかも知れ
ませんが決してつけ過ぎないで下さい、蕎麦湯も濃くて美味しかったです、この蕎麦
がまたいつでも食べられると思うと嬉しいかぎりです。

SWGB05_1861.jpg

そば処弁天
山形県山辺町大字畑谷685
TEL 023-687-0265
営業時間 AM11:00~PM 2:00
営業日 金曜日~日曜日 4月~11月(期間限定)
手打ちそば 700円
手打ちそば(大盛) 1,000円

SWGB05_1871.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1626-b6c8b095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。