天気が良かったので西蔵王にある野草園に行ってみました。

SWGB05_0838.jpg

野草園の中に入ってひょうたん池沿いのシンボルゾーンを歩いて行くと
最初に目に入るのがヤマトリカブト(キンポウゲ科)です、花の形が舞楽
のときにかぶる鳳凰(ほうおう)の頭をかたどった兜に似ていることから
「鳥兜」と呼ばれています。

SWGB05_0799.jpg

SWGB05_0803.jpg

この時期はあまり花を咲かせている植物は少ないのでログハウスの方まで
歩くことにしました、途中の薬草コーナーにはホオズキがありました。

SWGB05_0805.jpg

SWGB05_0801.jpg

ログハウス近くには彼岸花が咲いています、別名は「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)
「天上の花」という意味で、おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天からふって
くるという仏教の経典によります、今の時期は霞城公園の二の丸付近にも咲いて
いるようですが…

SWGB05_0807.jpg

SWGB05_0808.jpg

SWGB05_0813.jpg

吉林の庭の外にはシュウメイギクが咲いていました。

SWGB05_0817.jpg

同じく吉林の庭近くには春に黄色い花を咲かせていたサンシュウが赤い実を
付けていました。

SWGB05_0814.jpg

次はセンニチコウとゴールデンピラミッドが咲いているところに行ってみます。

SWGB05_0819.jpg

*VOL.2に続く
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1589-36c5680d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)