上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞城公園内にある山形城跡で、市が復元工事を進めてきた本丸一文字門の高麗
(こうらい)門と、一文字門を囲む枡(ます)形土塀が完成したというので行って来ま
した。

2005年までには石垣と本丸と二の丸をつなぐ大手橋の復元を終了していました、
高麗門は2012年8月、土塀は昨年6月に復元工事が始まり完成しました。

SWGB05_0727.jpg

SWGB05_0709.jpg

SWGB05_0714.jpg

近くまで行ってみましょう!

SWGB05_0716.jpg

高麗門の復元に使用した木材は、檜と杉です、高知産と吉野産を使用している
そうです、木材や土台石の加工は、京都の工場で行われたそうです。

SWGB05_0717.jpg

高麗門を入って中の方から見たとこです。

SWGB05_0719.jpg

これが完成した一文字門を囲む枡(ます)形土塀です。

SWGB05_0720.jpg

一般開放は10月31日迄だそうなので是非見ておいてはいかがでしょうか。

SWGB05_0721.jpg

本丸跡の復元工事もまだまだ継続するようです。

SWGB05_0724.jpg

本丸で発掘された井戸の説明です。

SWGB05_0726.jpg

実際の井戸が見られます。

SWGB05_0725.jpg

野外音楽広場にあるステージも撤去されるようですね、野球場も代替え候補地が
決まり次第移転するそうです。

SWGB05_0729.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1582-5ef9826d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。