上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一週間ぶりでPCを開いた、今朝も雨が降っている…、今までも聞こえて
いたのだろうか、蝉の鳴き声を初めて聴いたような気がする、曇天模様
の空を見ていると蝉の鳴き声が不自然にさえ思える、夜勤明けで頭が
ぼーっとしていている、たまには外を歩かないと体がおかしくなってしま
う、運動不足が続き体重も自然に増えて行ってる感じがする、よし明日
こそ出掛けよう!

さて、今回も山形の話題ではなく千葉県の君津市の話題です、今回紹介
するのは久留里駅の近くにある君津市久留里観光交流センターです、
この建物は、かつて農協の米蔵だった石積の建物を耐震構造でよみがえ
らせたもので、大谷石を積み上げたものだそうです。

SWGB04_2884.jpg

入り口には丸ポストがあります、現役で活躍しているのかなと思いまし
たが現在は使用されていないとのことです。

SWGB04_2885.jpg

センター内は観光案内所の他、レストラン、地元名産品の展示をしている
ようです。

SWGB04_2898.jpg

この久留里には久留里城があり毎年10月に行われる久留里城祭りでは甲冑を
つけて市内を武者行列しているそうです。

SWGB04_2890.jpg

久留里の名産品の雨城楊枝(うじょうようじ)が展示してあります、久留里城
は別名、雨城とも言われていました、そして久留里地区近辺で育つ落葉低木樹
のクロモジの木を使って作られているところから、黒文字雨城楊枝と言われて
います。平成20年千葉県伝統的工芸品(木工品)として指定を受けています。

SWGB04_2894.jpg

アフリカや東南アジアなど水に困っている国々に対し、いのちの水を容易に
確保できるように、少人数で深井戸を堀削するのが「上総堀り」はここ千葉県
の袖ヶ浦市近郊で考案されました、旧国名の上総国で誕生したため、上総堀
りと呼ばれています。

SWGB04_2895.jpg

この久留里駅前にある井戸水も上総掘りで掘ったものなのかな、多少、鉄分が
多く含まれているようですが日本酒作りには適しているのかこの名水を使用した
酒造所がたくさんあるようです、もちろん僕も日本酒を購入して行きました(笑)。

SWGB04_2888.jpg

君津市観光交流センター
君津市久留里市場195番4
TEL 0439-27-2875
駐車場 50台程度:駐車無料
開館時間・休館日 9:00~17:00 月曜日休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1497-ab98cac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。