上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年も参加した山形県立博物館主催の霞城公園早春の植物観察会に
今年も参加してきました、この植物観察会は1回だけではなくて年に5回
あるようです、今回の3月と4月、5月、6月、9月とあるようです、5月だけ
は県民の森での開催です。

昨年は博物館の入り口での集合でしたが今回は奥にある部屋で受付
です、今回は参加人数が多いのかな?30人ではきかないですね~
何人いるのでしょう、なぜかYBC(山形放送)のテレビカメラが来ています
、どうやら今回の観察会の取材をするようです。

観察会の内容とコースが書かれてある冊子が渡されましたのでそれを
見ながら歩きます、さあ出発です!

SWGB04_1568.jpg

最初の場所は博物館沿いに南に進み、山形市郷土館に向かう道路にある
垣根です、この木の名前はニシキギ(錦木)で、ニシキギ科ニシキギ属の
落葉低木です、庭木や生垣、盆栽にされることが多いそうです、枝に「翼(よく)」
と呼ばれるコルク質の羽が付くのが特長です。

ニシキギは漢字で錦木と表すとおり紅葉が美しいので、庭木として人気があり
ます、紅葉の時期にもう1度見てみたいです。

SWGB04_1537.jpg

SWGB04_1536.jpg

次は体育館の前にあるソメイヨシノの木です、ここでは花になる芽と葉になる
芽を見分けます、丸く太っているのが花になる芽で痩せて細くなっているのが
葉になる芽ということです。

SWGB04_1538.jpg

SWGB04_1539.jpg

次に向かった場所は県体育館の駐車場です、この木はユリノキ(百合の木)で、
モクレン科ユリノキ属の落葉高木です。

SWGB04_1541.jpg

枝先に直径6cmくらいでチューリップに似た形の、付け根近くにオレンジ色
の斑紋のある淡い黄緑色の花を咲かせます。

SWGB04_1542.jpg

博物館の所員の方が花が咲いている写真を見せてくれました、6月の初旬頃に
咲くそうです。

SWGB04_1540.jpg

*一応、VOL.2に続く…
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1439-f5808217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。