上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年この時期はJRの春のダイヤ改正があります、ということは時刻表を
購入しなければなりません(笑)、僕にとっての恒例行事ということになり
ますかね、昨年は本屋さんに行って結構迷いましたが今年はあまり迷い
ませんでした、昨年購入した交通新聞社の時刻表が一番使いやすいと思
ったからです、でも良く考えてみたら僕みたいに写真を撮る時にはもっと
大判サイズのほうが見やすいのではと思いました、でも車の中ではそれで
もいいのですが時刻表を持って撮影現場で待機するには小さいこのサイズ
のほうが重宝する訳で…

SWGB04_1477.jpg

まあ、皆さんは時刻表を購入するなんてのは多分、年に1回あるかないかだと
思います、旅行の時?急に実家に帰らなければならない時?でも現在では
スマホさえあれば全国どこの地区の時刻表でもすぐにわかりますよね~
だからこういう時刻表なんてのは今はどういう価値があるのでしょうか?
ヒマさえあれば本屋さんの時刻表売り場でどんな人が購入するのか観察して
みたいですね(笑)。

あと今回の巻頭エッセイ(いとしの路線)にはエッセイストの酒井順子さんが
米坂線について書いています。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1433-bbf2a46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。