上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だか深夜のCD10枚組の通販みたいなタイトルですみません、実は
この前から探していたレコードプレイヤーがやっと見つかりました!
僕の記憶の中ではプレイヤー本体の色が茶色というイメージがあり
そのイメージで探していたのでした、結局、物置で見つかったプレイヤー
は色がシルバーでした、人間の記憶なんていい加減なものですね…

SWG04_0778.jpg

ヘッドフォンで聴こうと思ってジャックを挿そうと思ったらミニジャック
じゃなくて大きいジャックでないと駄目なようでした、仕方なく電気店
に行って400円の変換機を購入しました。

SWG04_0785.jpg

一応、アンプに繋げるケーブルも付属しているのですが、居間のテーブル
ではアンプを置くスペースもなく(笑)、テレビのサラウンドから聴いてみよう
と思って繋げてみましたが、大して音も良くなく、ヘッドフォンが一番いい
ようでした。

SWG04_0786.jpg

そうか…、思い出した、プレイヤーにしてもアンプにしても置くスペースが
無くてしまったのだ、ま・置こうと思えば出来なくもないのですが…

早速、レコードを物色します、最初に聴きたいのはこれ!名盤復刻シリーズ
で吉田拓郎の「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」です。

SWG04_0780.jpg

そして頭脳警察のセカンドアルバムです、名曲「銃をとれ!」は最高ですね。

SWG04_0781.jpg

次は「N.S.Pライブ僕らはごきげん」です、多分、NSPのアルバムの中では
このアルバムが最高だと思います。

SWG04_0783.jpg

そして忘れもしない、何とかレコードプレイヤーを探してレコードを聴きたい
と思ったきっかけはこのアルバムです、いつだったか深夜のFMラジオを聴
いていたら浅川マキの「夜が明けたら」が流れていました、このアルバムを
聴いていたのは18歳の頃、なんでこんなブルースを歌う浅川マキの曲を聴
いていたのだろう?とにかく1曲、1曲が心に沁みる。

SWG04_0782.jpg

他にもいろんなレコードがたくさんあるのですが、これこそ幻の名盤という
のを、早川義夫、角田ヒロ、木田高介、高橋照之、細谷ひとしのスーパー
グループ、幻のロックバンドと言われたバンドが唯一残したアルバム、
「休みの国」です!

SWG04_0784.jpg

今の年代が50~60歳代の人には懐かしい曲やアルバムだと思いますが…
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1414-4c2d324c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。