何だか久し振りのそば日記です、最近はホント、あまり出掛けなく
なってしまいました、この伊右エ門さんも訪れたのは今年の7月です
、しかし、この2、3日の雪には参りましたね~、例年だったら12月の
20日過ぎくらいに降るのでまさかこんなに積もるとは思いもしません
でした、車のバッテリーも弱っているので3月の車購入まで持つのか
心配です、まあバッテリーだけ買ってもいいのですが…

2月に開催される第9回「第20回東北学生音楽祭」で川西町まで行か
なければならないのでその時まではバッテリーを変えよう、というか
休み取れるのかな?

さてさて山形市の河原田にある伊右エ門さんは、まだ蕎麦にこんなに
愛着が沸かないうちからよく訪れていた記憶があります、どちらかと
いうと営業マンをしていた時代はそば屋さんでラーメンを食べる派でし
たから(笑)。

その当時はこの辺はまだ何もない頃でしたね、今や馬見ケ崎地区は
大型店が相次いでオープンし、最近は更に西には嶋地区にも大型
ショッピングタウンが出来、昔の面影はほとんどなくなってしまいまし
たが今でも変わらず拘りの蕎麦を打ち続けている伊右エ門さんです。

SWGB03_8333.jpg

何年振りなんだろう…

SWGB03_8334.jpg

この家庭的な店の雰囲気が好きですね、落ち着きます。

SWGB03_8336.jpg

確か訪れたのは日曜日だったと思いますが、開店と同時に店内に入った
のですが、蕎麦が運ばれて来た頃にはどんどんとお客さんが入ってきて
いました。

SWGB03_8337.jpg

蕎麦は二八そばと挽きぐるみの十一そばの2種類を選べます、ただし
挽きぐるみの十一の田舎蕎麦は閉店時間まで持つことなく終了になる
場合もあるとのこと、なので注文はもちろん田舎板そばです。

SWGB03_8339.jpg

蕎麦は山形産でわかおりを自家製粉し、その日提供する分を朝のうちに
製粉しているそうです、この田舎蕎麦はコシがありますね、麺が少し平打
ちのような感じですが、それが蕎麦につゆが絡みほどよい喉越しになって
います、山の自然水を使用して打つという蕎麦は「でわかおり」の蕎麦の
風味を十分に楽しめます。

SWGB03_8343.jpg

山形市内でこれだけの田舎蕎麦を食べられるそば屋さんがあることはとても
素晴らしいことだと思います。

SWGB03_8341.jpg

伊右エ門
山形市河原田18-3
TEL 023-684-5716
営業時間 AM11:00~PM19:00頃
定休日 火曜日
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1406-773df6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)