以前から訪れたいと思っていた、香澄町の佐五郎ビルB1Fにある、そば屋
さん、「そば久司」、何せ営業時間がPM6:00からと家庭を持つオジサンが
夜ご飯も食べないでそば屋に行ってくるというのは悪魔の所業(笑)、普通
に呑みに行きたいと言えば?とカミさんに言われるのが普通ではないかと
思い、なかなか行けないでいました、今回、呑み会が土曜日だったことと、
日曜日が定休日なので店が開いていたこと、一軒目に行ったそね田の次
の店だったこと、いろんな条件が重なり、これは行くしかないと(笑)。

で、通り道に久し振りに見たこの立ち食いそば屋、まだ山形新幹線などは
走っていない時代、寝台列車で上野まで出張に行ってました、確かPM11:30
頃に山形駅を発車するのではなかったかな…、その時は必ずこの立ち食い
そば屋に行って食べてたものです。

SWGB03_5579.jpg

着いたのPM9:30頃だったでしょうか…

SWGB03_5580.jpg

店内からは賑やかな声が聞こえてきます。

SWGB03_5581.jpg

団体客が多いようです、カウンターもテーブル席も満席で手前の2つある座席式の
うち一つが空いていたので、そこに座ることにしました。

さて、そね田では熱燗をガンガンと呑んで来ましたが、ここは、やはり冷酒でしょう
ということで、お勧めは初孫の「魔斬り」?魔斬(まきり)とは?酒田に伝わる、主に
漁師などが使う切れ味の鋭い小刀で魔を斬ることから、魔除けの縁起物とされて
いるとのことです。

早速、注文しました、呑んだ感じはコクがあるけ後味はスッキリしていて癖が口の
中に残らないという味ですね、いくらでも行ける(笑)。

SWGB03_5582.jpg

冷酒と一緒に食べるあては、焼き海苔と板わさでしょう!焼き海苔を山葵で食べた
のは初めての体験でしたが、これが結構美味い!

SWGB03_5583.jpg

暫くすると、またもや団体さんが二組ぐらいのご来店で、僕ら二人組みは通称
秘密のケンミン席へと移動を促される、そろそろ蕎麦も食べたくなって来たので
注文する、かき揚げ天ざるを頼んだつもりが、登場したのはトリ天ざる?でした。

SWGB03_5585.jpg

実際、酔っ払っている時はかき揚げよりも肉食系のほうが腹に溜まるのでいいの
かも(笑)、さて、蕎麦のほうですが、見た目はかなり白いですね、石臼で挽いた
一番粉を使っているとのことで、更級系の蕎麦のようです、つなぎを訊くと二・八
で打っているとのことです、歯応えが思ったよりあります、そばつゆは天つゆと
一緒になっていますが、この中細の歯応えのある蕎麦にはこのつゆが合いますね。

SWGB03_5586.jpg

店を出て山形駅の時計を見るとPM11:30だった…

SWG03_5588.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1246-ed26294b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)