上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VOL.2の続きです、もみじ公園は真言宗の巨刹宝幢寺の庭園だった
もので、寛文の頃(1665年前後)、時の城主松平下総守忠弘が、江戸
の庭師と共に山形城の本丸庭園の余石と吉野のもみじを用いて、自ら
石組みなどに手を入れた庭と伝えられています。

SWGB03_4594.jpg

SWGB03_4599.jpg

SWGB03_4600.jpg

SWGB03_4602.jpg

SWGB03_4603.jpg

SWGB03_4604.jpg

SWGB03_4606.jpg

SWGB03_4607.jpg

SWGB03_4613.jpg

SWGB03_4616.jpg

*VOL.4に続く
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1213-247090ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。