上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年の11月頃から話題になっている米沢市の李山(すももやま)にある
トトロの木を見に行って来ました、市内からは車で15分くらいで行けるの
で会社の昼休みにおにぎりを持って出掛けました(笑)。

トトロの木に向かう途中には南原小学校李山分校があります。

SWGB03_4808.jpg

この分校は平成17年には休校になっています。

SWGB03_4810.jpg

ここから600Mぐらい進むとトトロの木がある場所に着きます、最初に
展望台のある所まで行ってしまいましょう、特に駐車場とかは無いよう
です、昨年は多くの人が訪れたらしいですが車の駐車が大変だったの
ではないでしょうか…

SWGB03_4788.jpg

平日ですので案内所には人はいませんが小さなトトロが迎えてくれま
した。

SWGB03_4790.jpg

とても立派な展望台です!

SWGB03_4791.jpg

で、展望台から普通に見ると、トトロの木はこんな風に見えます。

SWGB03_4792.jpg

これは携帯のカメラでは無理かな?まあ、でも最近はスマートフォンの
時代ですからズームもかなり効くのでしょうね、僕はコンデジです、少し
ズームしてみました、あまりズームすると画像が粗くなりますので出来な
いのです…

SWGB03_4793.jpg

季節的にはもう少し早い時期だといいのですね、残念です、今度は少し坂を
下りて途中から撮ってみました。

SWGB03_4795.jpg

木の近くに行ってみます。

SWGB03_4796.jpg

約10本の木々がトトロの形を成しているようです、背の高い2本の杉の木が「耳」
のように見えているんですね。

SWGB03_4805.jpg

良く見ると、木にはトトロのどの部分なのか分かるように表示してあります。

SWGB03_4803.jpg

そして、小さな祠を見つけました。

SWGB03_4806.jpg

祠の近くに立ててある案内板にはこう書かれていました、この森の小さな神社が
建立された年は干魃で米価が高騰し餓死者が出たという記録が残っています。
「天保の大飢饉」以降7年間で6度も凶作が続いた経験から五穀豊穣と子孫繁栄
を願う集落の人々の気持ちが「山の神・田の神」として、この地に「李山丹南山神」
を祀ることになったと思われます。

その鎮守を守ってきた樹木は長い歳月を経て『トトロの森』へと姿を変え話題となり
来客と、もてなす 地元の人々との交流は、集落に新たな可能性や夢を与える存在と
なっています。

SWGB03_4797.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1208-b896d463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。