上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝、起きて天気が良いので湯殿山神社まで熊手市を撮りに出掛けました、
昨年までは文翔館の広場で行われていたような気がしますが、今年は湯殿
山神社内で開催されてるようです。

SWGB03_4680.jpg

熊手市は、湯殿山神社境内の「新嘗祭」に合わせて、商売繁盛を祈って
行われるものです、商売をやってない人でも熊手には金運をかき寄せる
という意味もあるようです。

SWGB03_4681.jpg

湯殿山神社の手前の鳥居の近くには体の悪い部分と同じ箇所を撫でると
治るという牛の彫像があります。

SWGB03_4690.jpg

*新嘗祭(にいなめさい)とは11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇
(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫を感謝す
る祭儀。秋に新穀を供えて神を祭る稲作儀礼です。

SWGB03_4687.jpg

SWGB03_4685.jpg

湯殿山神社の中には山形の伝統行事“初市”の守護神で、商売繁盛の神として、
“いちがみ市神さま”と呼ばれ親しまれている市神神社があります。

SWGB03_4683.jpg

ご祭神は、やえことしろぬしのみこと八重事代主命と申し、別名「恵比寿神」
です、1月10日(10日えびす)の初市には商売繁盛・五穀豊穣を願い、縁起物
の「おおかぶ」、「しらひげ」をうけに多くの参拝人でにぎわいます。

SWGB03_4684.jpg

熊手を売っている店に行ってみましょう!

SWGB03_4682.jpg

価格は1,000円から100,000以上まで色々ですが2,000円から5,000円ぐらいが
売れているとのことです。

SWGB03_4686.jpg

熊手を購入すると購入したお客さんと一緒に手拍子で商売繁盛を祈ります。

SWGB03_4688.jpg

露店は文翔館の西側で店を出しているようです。

SWGB03_4692.jpg

里の宮 湯殿山神社
山形県山形市旅籠町3-4-6
TEL 023-633-1810
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1203-14a2a095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。