上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしかしたら庄内地方のそば屋さんのレポートは今回が初めて
ではないでしょうか?どうしても遠い所は避けてしまうというか、
大変ですよね、回ろうと思えば1日2軒くらいのそば屋さんを回る
気持ちはあるのですが、あくまでも気持ちだけですが…

SWGB03_2632.jpg

そういえば最上地方や米沢市も行ってないなあ…、まあそれは
さておき、とにかく店の中に入ってみましょう!

SWGB03_2633.jpg

暖簾をくぐるとすぐ横に蕎麦打ち処があります、どうやら蕎麦打ち体験
も出来るようですね。

SWGB03_2634.jpg

店内は広いですね、奥のほうにも座卓が並んでいますが、入り口を右に
行くと郷土資料館のような展示物があり、そこにもテーブルがありました。

SWGB03_2648.jpg

こちらは奥座敷です。

SWGB03_2642.jpg

今年で創業20周年らしいですがサービスメニューは8月18日で終了していま
した、残念!

SWGB03_2641.jpg

で、奥座敷の手前はこんな感じの長い座卓が1つと、次の写真にある4人用
くらいの座卓が3つあります、手前から2番目の座卓に座りました。

SWGB03_2651.jpg

さて、品書きを見て何にするか決めましょう、と言っても、この暑さでは
やっぱ「ざるそば」でしょうね~

SWGB03_2647.jpg

時間的には午後2時頃なので、店内も僕ら家族だけになってしまいました、
そういえば家族3人でそば屋に行ったなんてのは久し振りですね、娘があまり
蕎麦が好きじゃないので…

SWGB03_2649.jpg

さて、この大梵字さんの蕎麦について少し説明しましょう、そば粉は地元
朝日地域産のそば粉を100%使用しているそうです、また収穫した玄蕎麦は
お店の敷地内にある氷室で保存されていて毎日使う分だけを石臼で碾いて
いるため年中、新蕎麦の風味が味わえるということです。

SWGB03_2635.jpg

十割そばなんだけど思ったほど透明感のある色の麺です、少し濃い目のつゆ
につけて啜ると蕎麦の香りが強く感じられる、見た目は硬そうな麺なのですが
口に入れるとそれ程でもなく、喉越しも良い、久し振りの蕎麦ということも
あったのか、あっという間に食べ終えてしまう、一緒に付いて来た茄子の味噌
合えが美味かった、蕎麦湯は白くトロッとした感じで味わいがいい、また来て
みたいけど遠いよね~(笑)

SWGB03_2637.jpg

ざるそば 800円
そば処 大梵字
山形県鶴岡市越中山字名平4-2
TEL 0235-53-3413
営業時間 午前11:00~午後5:00
定 休 日  11月~3月(第4月曜日)4月~10月(無休)
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1147-3908d2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。