上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和50年、太田裕美の木綿のハンカチーフの歌がテレビで流れていた
、僕が22歳の頃だろう、この時代は学生運動が活発な時代でもあった、
その頃、僕は町田に住んでいた、神奈川県の相模原も近く歩いて行ける
距離でもあった…、そんな時代に流れる太田裕美の木綿のハンカチーフ
の曲、そしてアングラフォーク、反戦曲、よしだたくろう、泉谷しげる、井上
陽水、少し遡ってディランⅡ、加川良、高田渡…、この辺になるとあまり
わかる人はいないだろう。

でも、そんな時代を生きた僕は太田裕美の木綿のハンカチーフという曲は
何故か僕の記憶の中に印象深く残っている、何故なんだろう?

木綿のハンカチーフ

反戦歌も代々木や新宿駅で歌った記憶がある、相模原の戦車阻止闘争にも参加
した様な気がする…、ギターをかき鳴らし、髪を伸ばして、それが自分の価値観
を認識出来ている事なんだなんて勘違いをしていたのか、それとも、それが本当
だったのか、あの当時は自分でも良く分からなかった…、でも僕はあの時代を間違い
なく生きて来たのだ、友達と二人で誰もいない公園で朝まで「人間なんて」を歌って
いた事もあった、なんだか、この木綿のハンカチーフと言う曲を聴くといろんな事を
思い出してしまうので聴きたくない歌なのだ…

で、話はまったく変わってしまうのですが、僕の乗っていた自転車が2ケ月ほど前
転倒し変速装置と前ブレーキが壊れてしまいました、変速装置は何とか修理したの
ですが、前ブレーキは壊れてしまい外してしまったので、取り外したままでした、
後ろブレーキだけでは心もとないし、事故が起きた時に整備不良になって保険すら
おりない可能性もあるので、前ブレーキを新しく取り付けようと思いました。

これは前ブレーキが付いていない時の写真です。

夕暮れの公園

そして、こちらの写真は前ブレーキを取り付けた時のものです。

CIMG0718.jpg

これは純正というか最初から装備されていた後ろブレーキのレバーです。

CIMG0715.jpg

これが、某チェーン店の自転車コーナーで購入したブレーキレバー、
因みに価格は左右組で770円!

CIMG0712.jpg

このブレーキシステムはアマゾンで購入したもの、価格は…1000円位だったかな?

CIMG0717.jpg

初めてのブレーキ取り付けですが、全く要領が分かりません、ブレーキシューの
間隔を保ちながらのボルトの締め付け…

CIMG0711.jpg

そして、ブレーキレバーから続くワイヤーの調整…、これ、かなり難しい…、
所要時間が約3時間近くかかりました、もういやっ!というぐらいです。
でも何とか取り付け完了!でも、何となく不満です、近いうちにブレーキレバー
とブレーキシステムとブレーキシュー&ワイヤーは交換するつもりです。

CIMG0714.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1102-644ec9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。