上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年ほど前だろうか…、ブックオフに行って古本を何十冊か買い求めたのだが
その中に「スピカ」という本があった、何故購入したのか分からないのですが
本の内容は日本に最新式の原子力発電所が出来るが、その原発をロシア人のテロ
と日本の赤軍派が乗っ取ってしまうと言う内容なのだ…

今では原子炉建屋とか放射線の用量だとか現実的な言葉で伝わってくる…
作者の高嶋哲夫さんは、元日本原子力研究所研究員、アメリカでの研究活動を
経て、帰国後、学習塾を経営しながら文筆活動を開始、1999年度サントリー
ミステリー大賞を「イントゥルーダー」で受賞している。

SWGB03_1805.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1101-8515fb77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。