上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、昨日は午前中は白鷹町のそばまつりに行き、帰りには百目鬼温泉
へ立ち寄り、午後4時からは月山志津温泉の雪旅籠の灯りのイベントに
行く為にバスに乗り込んでツアーに出掛けるというハードなスケジュール
でしたが無事、帰ることが出来ました(笑

今日はその「しらたかそばまつり」をレポートしてみましょう!
相変わらずの開店前の9時30分には駐車場へ、いやいやフラワー長井線
の写真撮影を朝早くからしていたのですが、雪の時期は撮影ポイントが限
られてしまうので荒砥駅近くだけでの撮影になってしまい、早めに着いた
わけで…

SWGB03_0275.jpg

この、そばまつりの趣旨は白鷹山麓の風土が育んだ玄蕎麦で、そばの打ち手
が伝統の味を大切にした「白鷹そば」を多くの人々に広く提供し、蕎麦の消費
拡大と地域の活性化をはかるということです。

SWGB03_0244.jpg

朝方まで降っていた雪もすっかり止み、太陽が顔を出して来ました、あゆ茶屋
さんの入り口には屋台も出るようですね。

SWGB03_0245.jpg

ちょっと冬の簗場に行ってみましょう!ははん、これでは売店も雪で開けない
ということなのですね。

SWGB03_0271.jpg

ここまで来ると、どうしても簗場の方を覗き込みたくなりますね(笑

SWGB03_0273.jpg

さてさて、戻りましょう、会期は3月5日(土)と6日(日)の2日間だけです、
時間は午前10時から午後3時までこの、道の駅白鷹やな公園「あゆ茶屋」さんが
会場で行われます。

SWGB03_0246.jpg

あゆ茶屋さんの店内には最上川雛回廊ということで古典雛が飾ってありました。

SWGB03_0249.jpg

蕎麦を食べる会場は2階のようですが、そばの他にあゆ料理や天ぷらとかを一緒に
食べたいという人は1階のほうで食べられるとか、良くシステムがわかりませんで
した、係りの人も混乱していたようです、僕も鮎の塩焼きとか食べたかったのですが
面倒くさいので蕎麦だけにしました。

SWGB03_0251.jpg

2階に上がるともう準備万端で待ち構えている様子です(笑 、そして、またもや
ここでも、係りのおばさんが「某国営のカメラマンさん!」と呼びます(笑 、確かに
最近、カメラ用の機材が増えて大きめのフラッシュやバッテリーを接続すると、メッチャ
本格的な感じになってしまいますね、そのため、アルミのカメラケースはなるべく持た
ないようにしています、今日も布製の地味な大きなバックに入れてきたつもりなのですが
○○○のカメラマンさん、と呼ばれます、本気なのか冗談なのか…

SWGB03_0254.jpg

でも2階のほうが日差しは入るし明るいし、いい気持ちですね♪

SWGB03_0256.jpg

僕は前売り券を持ってなかったので当日券1,200円を払ってチケットを購入しました、
前売り券は1,000円でした。

SWGB03_0260.jpg

はい!出て来ました、霧下(きりした)地区で育つ白鷹のそば「階上(はしかみ)早生」
、「白鷹町そばの里づくり振興会」は、自分たちの手でそば栽培を行っているとのこと、
そば畑は風光明媚な白鷹丘陵の主峰である白鷹山のすそ野にあり、壁土という土壌である
こと、夜間の冷え込みや霧がかかりやすいことなど、そば栽培には絶好の土地(霧下地帯)
になっており、そばの品種はこの気候風土に合った在来種「階上早生」で、2000年に農林
水産生産局長賞を受賞、甘味があって香りの強い白鷹産のそばが全国的に認められたもの
です。~そばまつりのパンフレットからの抜粋です。

SWGB03_0268.jpg

挽きぐるみなのだろうか、ホシがたくさん見える、実際は写真の色より蕎麦の色は黒っぽい
感じです、喉越しは最高ですね、それに蕎麦の香りが強く存在感がビンビン伝わって来ます
うわ~、美味しい!久し振りにこんなに美味しい蕎麦を食べたなあ~、つゆもこの蕎麦に合う
んですよね~、蕎麦湯はヤカンから直接もらいました(笑 、まだ一番釜なのでそんなに濃く
はないのですが、勘違いしている人がまだいると思いますのでもう1度お話ししますね、蕎麦湯
は濃ければいいのではないのです、蕎麦湯で一番いいところは茹で湯の上のほうなんです、
なので本当のそば屋さんでは濁った部分が下に沈んでから上の方の透明に近い部分を蕎麦湯
として汲んでくれるんですよ、最近は蕎麦湯にそば粉なぞを入れて濃くして出している店が
ありますが…

SWGB03_0264.jpg

隠れそば打ち名人による
しらたか そばまつり
会場 道の駅白鷹ヤナ公園「あゆ茶屋」
白鷹町大字下山661-1
TEL 0238-85-5577
期日 平成23年3月5日、6日
時間 午前10時~午後3時
主催 白鷹町そばの里づくり振興会
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1032-24f8fa74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。