上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年5月に公開された映画「RAILWAYS(レイルウェイズ)」の第2作目
の製作が決定されたようです、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ
などで知られる映画プロデューサーの阿部秀司氏が製作総指揮をとる
オリジナル作品とのこと。

「RAILWAYS 2」(仮題)は、日本海を臨む富山県を舞台に、長い歴史を
誇る富山地方鉄道に42年間勤め、1ヶ月後に定年を迎える男と、男の人
生を支えながらも、これからの自分の人生を再び見出そうとする妻の物
語、前作の錦織良成監督の下で助監督を務めた蔵方政俊監督がメガホ
ンをとる。

撮影は富山県のオールロケとなり、3月中旬にクランクイン、4月下旬に
クランクアップを予定しており、制作はROBOTが務め、松竹の配給で、
来年全国公開される予定です、今から楽しみです♪

800px-Toyama-chihou-railway-16011.jpg

上の写真の車両は富山地方鉄道16010形電車です、1995年 - 1996年に
富山地方鉄道が、廃車となった本系列の車体に九州旅客鉄道(JR九州)
の485系電車廃車発生品であるDT32・TR69系台車・MT54形主電動機・CS
15系制御器、ならびに京浜急行電鉄1000形(初代)のマスコンハンドル
を自社の稲荷町テクニカルセンターで組み合わせ、16010形電車として
落成させた車両です。

「富山鉄道株式会社ホームページ」
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1023-86082b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。