上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず右足の痛みがひどいです、よく見ると右足のほうが左足より
腫れて大きく感じます、痺れと痛みがあります、いつまで続くのか、時期
経てば治るのか、全くわかりません…

なので休みの日も外出することは少なくなりました、せめて寒河江の
日帰り温泉にでもと思いましたが、それすら面倒になるぐらいの痛みです。

昨日、借りて来たDVDでも観る事にしました、最近、時かけにハマっています
、実は小説はまだ読んでないのですが、1983年に公開された原田知世が
主演した映画をオリジナルと考えて観てみることにしました、このアニメは実は
以前に借りて観ているのですが、2010年公開の「時かけ」の映画を観てから
アニメ版のほうをまた観たくなってしまったからです…

時かけアニメ

さて、原作というか1983年の映画と比べて見ると登場人物の名前が違って出て
いる、芳山和子役は(紺野真琴)、深町一夫役は(間宮千昭)、浅倉吾朗役は
(津田功介)に変わっているが。

時かけアニメ②

芳山和子は真琴の叔母役で出演している、この叔母もとても謎めいた部分があって
途中にはオリジナルの場面を彷彿とさせるシーンも出て来る。

時かけアニメ⑤

ストーリーはオリジナルとは基本的には同じなのだが、多少異なる展開になっている
、でも、この理科の実験室はそのままだ。

時かけアニメ③

そしてタイムリープする時の映像は2010年の実写版より優れているかも知れない。

時かけアニメ④

しかし深町一夫のイメージが最近観た2010年の映画の印象が強くて、なかなか
とけ込めなかったが、ラストシーンを観て何となくわかりました。

時かけアニメ⑥

この映画ではタイムスリープが1日に何度も行われるので、観ていてよくわからなく
なってきてしまうのが難点かな…

時かけアニメ⑧
スポンサーサイト
  
コメント

時を~ は全て見ていますがコレは男達のなんか少し前のスカシが鼻について嫌いでした。この話はラストの記憶を消され二人がすれ違う所の哀しさにに集約されていると思っています アルジャーノンに花束を とおなじ感覚です。
小説を読む前にNHK放送 タイムトラベラー を見た、主演のふっくらした浅野真弓が好きだったのをひさびさに思い出しました。
天福│URL│02/04 02:57│編集

>タイムトラベラー
観た事ないですね~、僕の記憶に残っているのは
同じNHKでやっえいた、太田博之が出演していた
「時間よ止まれ」ですかね…
ひろぽん→天福さんへ│URL│02/04 09:47│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1007-6c7f5c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。