上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日寒くて外に行くのも億劫な気分なので数日前にレンタルした
DVDでも観る事にしました、この映画は以前から観たかった映画
ですが、なかなか見る機会がなかったので今回は借りて来ました!

理由は主演の堺雅人さんが好きだからです(笑)、最近はいろんな
映画に出てますよね、この前の映画でゴールデンスランバーは良
かったです、DVDを購入しようと思っているぐらいです。

南極①

物語は南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、南極ドームふじ基地に
料理人として派遣される西村淳(堺雅人)、妻(西田尚美)と娘を置いて
の単身赴任生活で、彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという
大役を任されるのですが…

南極②

それにしても冷凍食品や缶詰、乾物類だけでこんなにいろんな料理が出来る
というのはすごいですね!伊勢海老をエビフライにするところは笑ってしまい
ましたが。

南極③

南極の昭和基地からさらに1000km以上も内陸部、富士山よりも標高が高い
「ドームふじ基地」、ウイルスすら生存できない極限環境に身を置いて働く
男達の物語、当然、風邪なんかはひかないわけで、その極限の世界で毎日
ご飯を食べているという内容といえばそうなのですが…

外の気温はー70℃ですが基地内は暖房が効いていて普通に生活出来るわけ
ですね、それにしても驚いたのは各個人の部屋ですね、これじゃあ足をまっす
ぐに伸ばして寝れないような気がするのですが…、南極観測隊に選ばれなくて
良かった(笑

南極④

あとは電話代が1分740円ということ!

南極⑤

夜中に厨房に入って勝手に即席ラーメンを食べる人がいて即席ラーメンのストック
が無くなってしまう事態に…、その勝手にラーメンを食べた奴が言うセリフが麺に芯
がある~

南極⑥

ラーメンが食べたいと隊員が言うが、麺を打つには「カンスイ」が無いと言う事で
西村は無理だと言うが、いろいあって結局、ラーメンを作る事になるが…

南極⑦

ああ、この映画はラーメンを食べたくなる映画です。

スタッフ
監督・脚本: 沖田修一
原作: 西村淳
製作: 太田和宏 / 川城和実 / 春藤忠温 / 町田智子
プロデューサー: 西ヶ谷寿一
ラインプロデューサー: 金森保
撮影: 芦澤明子
照明: 豊見山明長
VE: 鏡原圭吾
録音: 永口靖
美術: 安宅紀史
フードスタイリスト: 飯島奈美 / 樽谷孝子
VFXスーパーバイザー: 小田一生
助監督: 海野敦
スクリプター: 田口良子
編集: 佐藤崇
衣装: 小林身和子
ヘアメーク: 根本佳枝
音楽: 阿部義晴
主題歌: ユニコーン

キャスト
堺雅人
生瀬勝久
きたろう
高良健吾
西田尚美
古舘寛治
黒田大輔
小浜正寛
小出早織
宇梶剛士
嶋田久作
豊原功補
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://kinensoba.blog83.fc2.com/tb.php/1002-5f8ce3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。